東日本は例年よりやや多い! 早めに始める花粉症対策2015

東日本は例年よりやや多い! 早めに始める花粉症対策2015

そろそろ、ムズムズ?
イベントシーズンがひと段落。憂鬱な季節がもうすぐやってきちゃいますね。そう、スギ花粉症の季節です。環境省の発表によると……

(1)スギ・ヒノキ花粉総飛散量について
■平成26年春との比較では、四国地方及び九州地方で少なくなると予測されますが、東北地方、関東地方、甲信地方、北陸地方及び東海地方では花粉量がかなり多くなる見込みです。また、近畿地方及び中国地方では並かやや多くなると予測されています

……東日本と北日本の方々、頑張りましょう。うう、花粉のことを考えただけで鼻がムズムズしてくる!

花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

えー、すごい。早めの対策は良いことずくめです。

ところで、症状が出る前ということは、花粉が飛ぶ前ってことですよね。それっていつのこと?

2015年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本は例年より早く、北日本は例年並みでしょう。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。このため、2月上旬に飛散開始が予想される九州・四国・東海・関東地方などでは、1月下旬頃には花粉対策を始めておくことをおすすめします。

「花粉症」と一口に言っても、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、頭痛など、症状は人それぞれ。症状が出る時期も人によって微妙に異なります。昨年の症状を思い出して、ちゃんとドクターに伝えるようにしましょう。

初期療法の段階では症状がまだ出ていないので、つい油断して薬を飲まなかったりしがちです。初期療法は、最盛期の症状や使用する薬の量にも影響するので、決められたとおりに薬を飲むようにしましょう。

当然のことながら、効果が出るのは処方された薬をきちんと飲んでから。飲み忘れを防ぐためにも、薬をパッケージごとカレンダーに貼ったり、毎晩使うメイク落としの脇に置いたりするなど、薬の飲み忘れ防止を工夫してみましょ♪

その上で、花粉が飛び始めたらできるだけ花粉を体内に入れない備えも大切です。マスクはもちろん、洗濯物は部屋干し、外出先から自宅へ入る前にはコートをしっかりはたきましょう。部屋に入った花粉を取り除くお掃除もコマメに。

ストレスも治療の妨げになります。睡眠時間をきちんととる、疲労をためないようにする、風邪をひかないようにする、タバコやアルコールはひかえる。

ツライ花粉症の症状を和らげるには、いろんな心がけや努力が必要ですね……。花粉症に悩まされているみなさん、初期療法とセルフケアを上手に合わせて、温かくなる季節まで耐え忍びましょう!

(田中いつき+ノオト)

関連記事