名作もシュールに変身! 「15秒でわかる世界のむかしばなし」に脱力

名作もシュールに変身! 「15秒でわかる世界のむかしばなし」に脱力

テキトーすぎてツッコメない!
2014年に公開されたアンジェリーナ・ジョリー主演の映画「マレフィセント」は、童話の古典「眠れる森の美女」に凝った世界観と新しいエッセンスを加えて話題を呼びました。

現在公開中の「美女と野獣」やもうすぐ公開の「シンデレラ」といった童話の映画化がどんどん続きます。

しかし同じ童話をベースにしても、大切なところだけを語って数秒でまとめてしまうと、大作どころかとんでもなくユルくなってしまうということを、とある動画が証明しています。

タイトルはズバリ「15秒でわかる世界のむかしばなし」!
15秒でわかる世界のむかしばなし
(出典 : YouTube/kuroneko00525
1本のお話をたった15秒で振り返るという、挑戦的(暴挙)すぎる内容に思わずポカーン。ユルさあふれる絵とナレーションに思わず吹き出してしまいます。

何でもかんでも最後はとにかく「めでたし めでたし」を付けて大団円で終わらせるテキトーさ(「シンデレラ」はガラスの靴のおかげでなんとかなりましたって……)は、ツッコむ気力すら起きないほど脱力もの。

海外編だけでなくもちろん日本昔話編もあります。
15秒でわかる日本昔し話
「おむすびころりん」の適当ぶりもさることながら、「かぐや姫」の早口で、無理やりまとめました感は、同じ題材でやさしく叙情的に描いたジブリ映画「かぐや姫の物語」と比べると歴然。むしろ、よくぞここまでメチャクチャにしてくれたなと拍手すらしたくなります。

夢のような昔話も、ここまでシンプルにするとシュールですね……。

キレイな世界に浸って感動するのもいいですけど、たまにはこういうシュール動画で息抜きをするのもいいのかも?

(宇井樹美+ノオト)

関連記事