メディア個別 崩れてもサマになる! お団子ヘア「ローメッシーバン」が旬 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
崩れてもサマになる! お団子ヘア「ローメッシーバン」が旬

崩れてもサマになる! お団子ヘア「ローメッシーバン」が旬

昨年の春ごろに流行し、まだまだ人気継続中のルーズなお団子ヘア「メッシーバン」。ヘアゴムだけで簡単に作れる手軽さがあるのですが、一方では、頭の高い位置でルーズなお団子を作るとすぐに崩れちゃうし、崩れた時に汚く見えてしまう……というデメリットが。

■お団子ヘアなのに帽子OK!

ヘアアクセをつけなくても、ゆるっとしたおくれ毛がこなれた雰囲気を出してくれます。大ぶりなウッドピアスも映えてかわいい!

こちらは100均のヘアゴムを使ったアレンジ。ルーズなローメッシーバンに付けると、100均のヘアゴムとは思えないほどオシャレに見えます! おくれ毛もこなれ感が出るし、女度もアップして良い感じに!

こちらは大流行中のオーバーサイズのニットと、ローメッシーバンの組み合わせ。フェミニンな魅力溢れるスタイリングです!

帽子との相性が良いのもローメッシーバンならでは。写真のようなベレー帽だけでなく、ハットやニット帽などにも合いますよ!

■オシャレに仕上げるには、ゆるくほぐすのがポイント!

こちらが基本的なローメッシーバンの作り方。
後ろ髪を3つの束に分け、三つ編みをひと編みします。そして、ヘアゴムで一つにまとめながらお団子となる輪を作ります。そのお団子の根元に毛先をぐるぐると巻きつけていき、指にかけていたさきほどのヘアゴムでまとめ切ります。
最後にルーズな雰囲気になるよう、髪をところどころつまみ出せば完成!  オシャレに仕上げるコツは、あえて手ぐしでラフに結ぶことと、結んだあとにゆるくほぐすことです!

顔周りとうなじの後れ毛を多めに残したスタイルも。よりフェミニン度がアップしますね。


いかがでしたでしょうか? ローメッシーバンなら重苦しくなりがちな冬のコーディネートでも適度な抜け感をプラスしてくれますよ! セルフアレンジが苦手な方も、ぜひご紹介した作り方を参考にチャレンジしてみてくださいね!

(小麦+ヒャクマンボルト)