メディア個別 レタスでヘルシー! 黒柳徹子さんの「徹子カレー」がおいしそう! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
レタスでヘルシー! 黒柳徹子さんの「徹子カレー」がおいしそう!

レタスでヘルシー! 黒柳徹子さんの「徹子カレー」がおいしそう!

2016年9月にInstagramアカウントを開設した黒柳徹子さん。個性的なファッションやライフスタイルが垣間見えるアカウントはたちまち大人気に! 2017年1月現在、なんと52万人以上ものフォロワーがいるんです。 そんな徹子さんがInstagramで紹介したカレーレシピが「おいしそう!!」と話題になっているのはご存知ですか?

ルーを使ったカレーとは違いドライカレー風でとってもおいしそう。しかも料理初心者でも作りやすいような簡単レシピなんだとか!

■徹子さん流カレーの作り方

用意するのは玉ねぎ、ニンニク、ひき肉、塩、カレー粉、ケチャップ、オリーブオイルだけ!

1) みじん切りにした玉ねぎとニンニクをオリーブオイルで飴色になるまで炒める。

2) 飴色になったら塩を入れる。玉ねぎと塩が馴染んでから、ひき肉を入れてさらに炒める。

3) ひき肉をパラパラになるくらい炒めて、味見をしながら塩を振る。

4) 隠し味にケチャップを入れる(一人分で大さじ2~3が目安!)

5) 最後にカレー粉を入れ、やさしくサクサクと混ぜれば完成。カレー粉の辛さはお好みで調整して!

できあがったカレーはご飯と共にレタスにくるんで食べるのが徹子さん流の食べ方なんです! ちなみにおいしくて食べる手が止まらなくなるようで、5人分で玉ねぎ3個、ニンニク4かけ、合挽き肉1.5kg、カレー粉1.5缶、レタスは2つ必要だったそうですよ。

食欲をそそるレシピにSNSにも作ってみた報告がたくさん寄せられていました。

■徹子さんカレーを再現!

レタスのシャキシャキが良いアクセントになりそう。カレーやご飯の量はお好みで調整して、自分なりのベストバランスを見つけてみて! 多めのレタスで巻いてさらにヘルシーに……なんて食べ方も楽しめそう~。

ルーを使ったカレーを食べ慣れている人にとっては、新しい味の発見になるかも!? 「想像以上においしい!」とのレポも発見。今日のディナーはもう徹子さんカレーで決まり!?

たくさん作ってみんなでワイワイ食べるのもアリ!! お好みできゅうりやトマト、卵をトッピングしても良さそうですね。鍋パーティーに飽きたら、手巻きカレーでパーティーしちゃいましょ。

■編集部でも食べてみた

徹子さんのカレーレシピ、どんなにおいしいのか気になった編集部でもチャレンジしてみることにしましたよ。

分量は、玉ねぎ1玉と半分、にんにく1かけ、合い挽き肉300g。隠し味のケチャップは大さじ5杯、辛さ控えめにしたので、SBのカレー粉は大さじ2杯で作りました。

時間のかかる飴色玉ねぎは、500wの電子レンジで3分加熱してから炒めることで時間短縮!

そして、こちらが徹子さんのレシピを元に作ったカレー! 調理開始から40分程で作れましたよ。食べてみると、まずカレー粉のスパイシーさが口に広がります。さらにレタスのみずみずしさがより一層カレーの風味を引きたて、その後に飴色玉ねぎやケチャップで加えられた甘みが噛めば噛むほど感じられました。レタスの中にご飯とカレーを入れるので、辛いのが苦手な人でも食べやすいですよ。これは奥が深く、やみつきになってしまう予感……。

女子にもぴったりのヘルシーカレー。気になったあなたも徹子さんカレーにチャレンジしてみて!

(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら