メディア個別 伝統芸術・琳派モチーフの動物たちがかわいすぎる☆ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
伝統芸術・琳派モチーフの動物たちがかわいすぎる☆

伝統芸術・琳派モチーフの動物たちがかわいすぎる☆

「京都高島屋 ARTCUBE SHOP ギャラリースペース」で、和風な動物グッズ特集が行われています。

墨絵風のやさしいタッチで、どれも見てるだけでほっこりしてしまいそう。そもそも「琳派」とは

桃山時代後期に興り近代まで活躍した、同傾向の表現手法を用いる美術家・工芸家やその作品のことを指します。本阿弥光悦と俵屋宗達が創始、尾形光琳・乾山兄弟によって発展し、様々な芸術家の手によって江戸に定着していったと言われています。
琳派四〇〇年/KYOTOdesign

……というもの。伝統的な芸術文化というと、カタいイメージがありますが、ご覧の通りとにかくかわいいですよね! 難しい話はよくわからないけど、とにかくかわいい!

ちなみに琳派で有名なのは、俵屋宗達の「風神雷神図」。美術や歴史の教科書で見たことがあるのではないでしょうか。

その琳派が、こんなにかわいい動物の雑貨になってしまうなんて…! まったく信じられません。

販売しているのは、お皿やトートバッグ、風呂敷などさまざま。期間は、1月7日(水)~2月16日(月)までです。

動物や和風のアイテムが好きな人は、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

(マッハ・キショ松+ノオト)

written by

マッハ・ キショ松
マッハ・ キショ松
気がついたらとんでもない名前になってしまい、親に仕事を教えられないWebライター。さえない顔のせいで、小学生の頃から「予備校生っぽい。受験勉強そっちのけで、珍しい虫とか調べてるでしょ」と言われ続けています。ちゃんと自己紹介しても「囲碁が得意」「ほっけの塩焼きが好物」「学校でフォークダンスを踊ったことがない」と勘違いされてしまうのが残念。本当は、将棋とおくらが好きです。
この記事へのご意見はこちら