ダイエット中に食べてもOK? コンビニで手に入る太りにくいお菓子!

ダイエット中に食べてもOK? コンビニで手に入る太りにくいお菓子!

誘惑に、敢えて乗る?
ダイエット中は、お菓子や間食は完全にシャットアウトしがちですが、巷にあふれているお菓子は誘惑が強く、食べられないことでストレスが溜まることも。さらにその我慢は反動となりダイエット後に過剰摂取、リバウンドの原因になったなんて、よく聞く話ですよね。

果たしてダイエット中にも食べていいお菓子はないものか? そんなお菓子の特徴は? 編集部が調査して探してみました!

■そもそも、太る原因ってなんだろう?

お菓子と一言でいえど、世の中には様々なお菓子があるもの。全部が全部太りやすいとは限りません。そもそも、太る原因とは、高カロリー、多量の脂肪、糖分が含まれていて、さらに、油で揚げているものは言わずもがな上記の数値が高くなりがちです。

そこで、「文部科学省 日本食品標準成分表」をもとに、上記の条件に該当するお菓子を調査、紹介していきます!

■ダイエットと言えば、こんにゃく畑は鉄板!

ゼリー類であるがゆえにカロリーは約40~80kcal.と低く、脂肪分0.02g、糖質は0.1gと「ほぼ、なし」。バリエーションも多いので、買いだめしておくと重宝しそうですね!

■梅や酢昆布はクエン酸効果が◎

少し口寂しいときには、梅や酢昆布を噛んでいるのがおすすめ。梅にはクエン酸が豊富に含まれており、これは燃焼サイクルを助けます。また、酢昆布にはクエン酸のほか、新陳代謝を活発にするアルギン酸や、便通を助ける飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸が含まれています。

よく噛むことも消化を助けるためには重要で、満腹感も得られます。食べ過ぎないということもポイントですね!

■「ちょい食べ」で満足度アップ! ドライフルーツや野菜チップス

ドライフルーツは、少量で満足感が得られるところが最大のメリット! 甘いので糖質が高いかと思いきや、0.2g前後が多く、1gを超えるような食材はそれほどありません。このふたつが、ドライフルーツがダイエットで重宝される理由なのです。

また、「ベジップス」などの野菜チップスは糖類の添加がされないことがポイント。一般のポテトチップスと比べて食物繊維が豊富なので、やはり消化はいい食材です。ただし、油で揚げているため、食べ過ぎには注意!

■甘いものが食べたくなっちゃう、そんなときは

意外にも、チョコレートは選び方によってはダイエットの味方になることも。

ミルクチョコレートなどは脂肪や糖分が多く含まれているのでダイエットには向いていませんが、カカオ分の多いダークチョコレートなら、カロリーが控えめ。思い切って70%以上の製品を選んでみましょう。

■コンビニで買うならば……

大豆を原料にした「SOY JOY」や、食物繊維が豊富な「玄米クリームブラン」などもダイエット向けです。

特に「SOY JOY」は血糖値が上がりにくい低GI食品で、同じカロリーの食べ物と比較しても太りにくいという性質があります。
身近にあるコンビニで購入できるお菓子たち。上手に取り入れて、楽しくダイエットを続けていきましょう!

(ADモリーナ+どてらい堂)

関連記事