今年のボジョレーのお味は? 過去の名コピーを紐解いてみると……

今年のボジョレーのお味は? 過去の名コピーを紐解いてみると……

毎年11月の第3木曜日に解禁になるボジョレー・ヌーボー。毎年やたら「すばらしい」「最高!」の言葉が並ぶ謎のキャッチコピーが話題です。

そもそもこのキャッチコピーは、フランスのボジョレー・ワイン委員会の感想がコピーのように出回っているものというウワサですが、はたして今年の委員会の感想は?

「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

あ、なんだかいい感じっぽい? これをもとにコピーになるんですね。

でも、過去のワインと比べてどれくらいのお味なのでしょう。まずは過去のコピー10年分を洗い出してみました。
2004年 「香りが強く中々の出来栄え」
2005年 「ここ数年で最高」
2006年 「昨年同様良いでき栄え」
2007年 「柔らかく果実味が豊かで上質な味」
2008年 「豊な果実味と程良い酸味が調和した味」
2009年 「50年に1度のでき」
2010年 「2009年と同等のでき」「1950年以降最高と言われた2009年と同等」
2011年 「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
2012年 「史上最悪の不作ながら糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティー」
2013年 「みずみずしさが感じられるすばらしい品質」

さすが、どの年も飲んでみたいと思えるように作られていますね……。

しかし、こういった有名なコピーは、実は調べていくと出典が定かではありません。それどころか、委員会のリリースに「50年に1度~」なんて一言も書かれていないことが判明!

今年は、アルコール度と酸味が完璧なバランスとなるでしょう。これは本当に稀なことで、桁外れに素晴らしい年であることを思わせます。今年のワインは熟成型となるでしょう。

いったい、毎年発表されるこの大げさなコピーは誰が……と思ったら、実は輸入業者やソムリエたちの感想を使ったものなのだとか。
毎年気になるボジョレーのキャッチコピー。過去のコピーをおつまみにしながらワインを楽しむためのネタってだけなのかもしれませんね……。


(西田タニシ+ノオト)

関連記事