メディア個別 入り方を知らないと危険! 温泉ダイエットの効果と方法とは? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
入り方を知らないと危険! 温泉ダイエットの効果と方法とは?

入り方を知らないと危険! 温泉ダイエットの効果と方法とは?

寒くなると汗はかかなくなるけれど、食欲はそのままで太りやすくなってしまう……なんて人も多いのでは? そんな時に、食事制限以外で行えるダイエットの一つとして、「温泉ダイエット」があります。これは、温泉の正しい入り方や効能を知ったうえで効果的な入浴をすることでダイエットの効果が期待できるというものです。

果たしてどのような効果が得られるのでしょうか? 今回は日本源泉かけ流し温泉協会の方に伺ってみました!

■温泉がもたらす効果は?

大きく分けて3つあると言われています。

・発汗作用
体が温まることで血管が広がり、血液の循環が良くなります。さらに、新陳代謝が高まっている状態なので、汗もかきやすくなります。

・マッサージ効果
入浴時、体には水圧がかかり、血液が循環して内臓に適度な刺激が送られます。温泉に入っているだけなのに、全身マッサージを受けているのと同様の効果を得られるのです!

・リラックス効果
私たちは普段、地球の重力に引っ張られて生活していますが、湯船につかることで体が浮きます。重さに耐えていた筋肉が弛緩することで、リラックス効果が得られます。

■温泉ダイエットの方法とは?

一言で温泉ダイエットと言っても、その入浴方法にはいくつか種類があります。

・反復入浴法
入浴と休憩を繰り返す方法です。温泉に2分~10分ほど浸かり、一旦あがって小休憩。もう一度湯に入って、また休憩。これを等間隔で行います。体を温める、冷ますを繰り返すことで代謝を高めることが可能です。

・温冷交互浴
反復入浴法よりも刺激が強い方法です。温泉に2分~10分ほど浸かったら、水風呂に1分入り、また湯に浸かります。これを繰り返すことで、温度差により血管が開き、老廃物が排出されやすくなります。

・半身浴
腹部より下だけ湯に浸かる方法です。徐々に体の内側から汗が出ていくのを待ちます。心臓が湯に浸からないため、長時間入っていても負担が少なく済みます。

■温泉ダイエットの注意点は?

ただ浸かればいいというわけではなく、いくつか注意点もあります。

・入浴時
こまめに水分補給しながら、休憩を挟むようにしましょう。この時、水分はできるだけ常温のものがオススメです。冷たい飲み物を摂取してしまうと、発汗作用が止まってしまうとされています。また、入浴前のアルコール摂取も控えること。入浴の際に血液の循環が活性化し、アルコールが全身に回りやすくなってしまうため、心臓に負担がかかるとされています。もしアルコールを摂取してから入る場合は、2時間は空けるのが理想的です。

・入浴後
ここでも水分補給が重要。この時も、温まった体を冷まさないように常温の水分にしましょう。温泉ダイエットは、体に新陳代謝の活性化の近道を覚えさせることが本筋です。「さっきあんなに汗をかいたのに水を飲んだら体重が戻ってしまう」なんて考えはまったく不要です。体内の水分が不足すると血の巡りも悪くなりますから、入浴時に失った水分は、しっかりと取りましょう。

また、入浴後は軽い運動をしたあとと同じ状態なので、30分~60分の間は体を休めてください。入浴後しばらくは汗が出るので、しっかりとタオルで拭きとって湯冷めをしないようにしましょう。

■温泉の種類によっても効果が変わる!

入浴方法だけでなく、どんな温泉に入るかでも効果が変わるので、ここでは大きく3つご紹介します!

1.単純温泉
含有成分の量が少なめのやさしい温泉。関節痛や筋肉痛や冷え性などの一般適応症のほぼ全てに対して効能が高いと言われています。また、アルカリ性の単純温泉は美肌にも良いのだとか。

2.塩類泉
溶存成分を1000mg/kg以上含む温泉。主に切り傷や火傷、慢性皮膚病に効果があります。また、湯冷めがしにくい湯として有名です。

3.特殊成分を含む療養泉
温泉のうち特に治療の目的に供しうるものとされます。高血圧や動脈硬化に良いものもあります。


いかがでしたでしょうか? 正しく入浴すれば、十分にダイエットの効果を発揮できるようです。食事制限ダイエットが長続きしない、もっと楽に痩せたい! という方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか♪

(大塚沙歩+どてらい堂)