メディア個別 乗せるだけ! ズボラつまみ「ちくわボート」がおしゃれ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
乗せるだけ! ズボラつまみ「ちくわボート」がおしゃれ

乗せるだけ! ズボラつまみ「ちくわボート」がおしゃれ

安くておいしい「ちくわ」。なんとなく地味な印象の食べ物ですが、そんなちくわがおしゃれに変身する料理があるんです。料理といっても好きな具材を乗せるだけの「ちくわボート」。簡単にできるということで、筆者も試してみましたよ。

■基本の作り方!

用意するものはちくわと好きな具材。今回は卵とマヨネーズを使ったちくわボートを作ってみます。

まずはちくわを縦半分に切ります。そのままでは長いのでさらに半分にして、ひと口サイズにしました。それを、フライパンで裏表を焼きます。

卵は茹でて、マヨネーズで和えておきます。あとはこれを焼いたちくわの上に乗せるだけ!

彩りにパセリを振れば完成です!! とっても簡単ですよね。ちくわはそのままでも食べられるので、焼く工程が面倒な時はなしでもOK! 食べ応えがあり、低カロリーなちくわはダイエット中でも罪悪感がなく食べられますよ。

■アレンジもできちゃう!

簡単にできるちくわボート。自分の好きな具材をトッピングするだけでできるので、アレンジの幅は無限大。

マヨネーズで和えたツナの上にコーンと輪切りにしたオクラを乗せてみると、オクラの星マークがキュートな「ちくわボート」ができました。

ちくわの上にキムチと溶けるチーズをトッピング。オーブントースターで焼いたら、ビールにも合いそうなおつまみが完成。キムチを細かく切っておくときれいに乗せられます。ズボラな筆者はカクテキを使いました。大根のシャキシャキした食感とちくわがぴったり~!

最後はなめたけとかいわれ大根。かいわれ大根の辛みがおつまみにちょうど良い一品です。

作る時のポイントはマヨネーズやチーズなどを使うこと! 接着剤代わりになってくれる食材と合わせると、ちくわから具材が落ちませんよ。

簡単に作れるのにちょっと食卓を華やかにしてくれる、「ちくわボート」。毎日のご飯のおかずやおつまみにだけでなく、お弁当にもぴったりですよ。あなたは何を乗せて、ちくわボート作っちゃう?


(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら