メディア個別 ボリュームたっぷり「わんぱくおにぎらず」がおいしそう♪ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
ボリュームたっぷり「わんぱくおにぎらず」がおいしそう♪

ボリュームたっぷり「わんぱくおにぎらず」がおいしそう♪

すっかりお弁当のひとつのジャンルとして定着したおにぎらず。これが今、さらに進化しているのをご存知でしょうか?

わんぱくサンドという具沢山のサンドイッチから名前を取った「わんぱくおにぎらず」なるものがInstagramで流行しているんです! 見た目もきれいでおいしいとの噂を聞きつけ、さっそく作ってみましたよ。

今回の材料は鶏の照り焼き1人前、ゆで卵1個 、レタス、アボカド半個、シソ2枚、カニカマ4本、ご飯茶碗に軽く1杯分、海苔1枚、塩です。

海苔は全形という大きいものを半分に切り、両方使います。ラップを敷いた上に海苔1枚を乗せ、ご飯を薄く敷き、軽く塩を振ります。ご飯の上にアボカド、鶏の照り焼きとドンドン乗せていきます。

シソ、カニカマ、ゆで卵も乗せまして……。これがちゃんとまとまるのか、だんだん不安になってきました(笑)。不器用な筆者、この後どうにかできるのでしょうか?

レタスを乗せたら、もう1枚の海苔に残りのご飯を乗せ、こちらにも軽く塩を振ります。

そのご飯付きの海苔をひっくり返し、今まで重ねてきたおにぎらずの上に、直角になるように乗せます。

左右のラップを持ち上げ、下面の海苔を上に巻き込むようにします。

ひっくり返すとこんな感じ。中身が見えてますが……

今度は上下の海苔を巻き込むと四角くなりました! なんとか、おにぎらずっぽくなりました(笑)。このまま少し置いてなじませます。このままでも食べられますが、カットする場合はラップに包んだまま、包丁で切ります。ぎゅうぎゅうに詰め込まれた具材が断面から飛び出してきそうになりますので、気を付けて!

じゃん! ボリュームたっぷりわんぱくおにぎらずが完成です。

もう一つ、BLTサンド風に、ベーコンレタストマトを入れたものも作ってみました。卵、バジルも入れてボリュームアップさせています。おにぎらずにミニトマトって斬新! ですが、ご飯入りのサラダのようで、おいしかったですよ。お弁当はこれで充分! お好みでマヨネーズを入れても良さそうです。

もともと何を入れても大丈夫だったおにぎらずが、また一段と便利に、おいしくなった気がするわんぱくおにぎらず。冷蔵庫にある作り置きおかずや冷凍食品を組み合わせて作ってみてはいかがでしょう? 思いもよらない組み合わせでおいしいおにぎらずができるかもしれませんよ♪

ただし、長時間持ち歩く場合は、カットしたトマトなど水っぽいものを入れないように気を付けてくださいね。

(田中いつき+ノオト)