メディア個別 目力アップしちゃおう! デカ目を作るグッズをチェック | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
目力アップしちゃおう! デカ目を作るグッズをチェック

目力アップしちゃおう! デカ目を作るグッズをチェック

かわいい子って大きな目をしている子が多いですよね。もっと目が大きければなぁ……と鏡を見る度にため息をついちゃう人もいるのでは?

そんな女子のコンプレックスを解消してくれるのが、メイクの存在! パッチリ目を作るアイテムの代名詞といえば「アイプチ」ですよね。毎日続けることで何もしなくてもぱっちり二重になれた! なんて話も聞きます。でもちょっと自分には合わないかも? とデカ目を作るのを諦めている人もいるハズ。そこで今回はアイプチ以外の簡単にデカ目になれちゃうグッズを紹介しますよ。

かくいう筆者も残念な一重の持ち主。メイクも何もしない状態だとこんな感じです。

かなり腫れぼったいタイプの一重ですが、グッズを使うとどうなるのか実験してみました!

■テープタイプ

なりたい二重の幅に合わせてまぶたに貼るだけで完成するテープタイプ。「アイテープ」「二重テープ」などと呼ばれています。

前から見ると、自然なパッチリ二重になりましたよ~。かなり簡単に付けられ、100円ショップなどでも簡単に手に入れられるのが良いところですが、目を閉じると少し目立ちます。テープの上からメイクできるものも売られているので、見た目が気になる人はそういうタイプを選んでみて。筆者はテープタイプを半日付けておくと、テープを外しても奥二重の幅をキープできるので、こちらを愛用しています。

■ファイバータイプ

アーツブレインズが発売している「メザイク」などが有名なファイバータイプ。両端を引っ張ると中から糊付けされたファイバーが出てくるので、なりたい二重の幅に合わせてファイバーを置きます。いらない部分を切り、付属のスティックで食い込ませれば完成~。

こちらもくっきり二重になりました。目を閉じても目立たないのが◎。しかし付けるのがかなり難しい……。60本入りで1,000円オーバーするものが多いので、失敗するとがっかりしちゃいます。こちらは練習あるのみ!

■塗るタイプ

最後に使ったのはフィルムタイプ。透明な液体が入っています。これをなりたい二重の幅に合わせて塗り、乾かすだけ。乾くと被膜ができ、折り込まれることで、二重になれます。

こちらは100円から6,000円超えのものまで、値段はいろいろ。今回使ってみたのは1,000円未満のものです。重ため一重の筆者では奥二重にしかなりませんでした。しっかり乾かさずに目を開けてしまうと、引っ付いてやり直しになってしまうので注意が必要かも。しかし乾くと透明になり目立たないので、まぶたが軽めのタイプの人は自然な二重が手に入って良さそうです。

■二重の幅は「目の体操」で決めて!

二重の幅のクセを付けたいなら目の体操をしてみましょう。パッチリ目が持続するわけではありませんが、二重の幅ができるので、紹介したアイテムを使う時のラインもすぐに決まりますよ~。

やり方はとっても簡単。上まぶたを持ち上げたまま、何度か瞬きするだけ!

二重の幅ができました! このラインに合わせてグッズを使えば、自然な二重ができそうです♪

しかしどんなコスメもそうですが、使いすぎると肌荒れを起こす人もいるので、自分に合うものを無理せず試してみてくださいね。

一重だと雑誌のメイク特集も参考にならなかったり、コンプレックスを感じてしまったりすることも多いと思います。そんな時はデカ目グッズでぱっちり二重デビューして、トレンドメイクを楽しんでみてもいいかも!


(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら