メディア個別 話題の人! kaoringoさんに学ぶ常備菜とお弁当作り | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
私の30歳。
話題の人! kaoringoさんに学ぶ常備菜とお弁当作り

話題の人! kaoringoさんに学ぶ常備菜とお弁当作り

毎日のご飯やお弁当作りにあると心強い「常備菜」。以前にもALICEYで紹介しましたが、もっとメニューやコツが知りたいっ! と思った人も多いはず。そこで今回は、Instagramで人気のkaoringoさん(@kaoringo___)の常備菜&お弁当作りを覗いてみましょう!

■常備菜の数々とお弁当をチェック!

たくさんの常備菜を作って、日々のご飯とお弁当作りに役立てているkaoringoさん。一度に作る量は驚きの量なんです!

こちらは家族3人分。これだけあれば、毎日の食事が豊かになりますよね。常備菜一つひとつにコメントが付いているのでメニュー作りの参考になります。つくねとしいたけの肉詰めは同じ種で良いんですね!

そしてこの常備菜をベースに作られたお弁当がこちら!

朝寝坊しても、ささっと詰めるだけでできちゃうのがうれしいトコロ。色使いもきれいで食欲をそそられる~!

この日に作られたメニューはすごい品数です! 下ごしらえを済ませたものや冷凍ストックなども用意すれば、仕事から帰って来てクタクタでも楽にご飯が作れます。そしてこの常備菜を使って作られたお弁当は……

こちらもおいしそー!! 主菜と副菜のバランスも参考になりますよね。

■日記も覗き見しちゃおう!

kaoringoさんがつけている料理日記もとっても素敵なんです!

あれだけの常備菜をどうやって消費すればいいの? と思った人も多いはず。これを見れば一目瞭然ですね。

日々のお弁当もイラストにして記録。食べることをとても大切にしているkaoringoさん、見習いたいところがたくさんあるので、インタビューさせていただきました。

■kaoringoさんにインタビュー!

――かなりたくさんの種類を作られていますが、作るのにどれくらいかかりますか?

「量にもよりますが、一週間分作る時は大体5〜6時間かかっています。作れる時に作れるだけが自分の中で楽しく作れる量なので、隙間時間に1時間だけ常備菜を作ったりもしますよ」

――初心者でも作りやすい常備菜はありますか?

「きんぴらはそのままでもおいしいですし、他の料理にもアレンジしやすいのでおすすめです。味付けは醤油少なめの塩味が他の料理にも合わせやすいですよ。その他には、野菜を千切りにしたらそのまま保存や塩コショウで炒めておくだけでも、さまざまな料理にアレンジできて料理の幅が広がります」

――作った常備菜を保存する容器は何を使っていますか?

「主に野田琺瑯を愛用しています。その他には無印の密閉容器や琺瑯容器、ジップロックのコンテナや袋タイプも持っています。食材やおかずの状態によって使い分けていますね」

――常備菜作りを頑張るALICEY読者に一言いただけますか?

「常備菜は一品でもあると助かる、日々のご飯作りの安心の素。食べることは日々続いていくことだから、気負わず楽しんで取り組めるのが一番だと思います。たくさん作る必要も絶対作らなきゃいけないものでもない、明日、明後日の楽しさを生み出す、ほんの少しの達成感でいいと思います。ぜひ一品からでも自分のライフスタイルに合った楽しい常備菜作りを味わってください♪」

もっとkaoringoさんの常備菜やお弁当作りのコツが知りたい人は、昨年11月に発売された「お弁当と常備菜のコシラエ帖(河出書房新社)」をチェックしてみて。食への愛が詰まったとても素敵な一冊です。 

自分のペースで無理なく作るのが、常備菜とお弁当作りが続けられるコツみたいですね。今日から隙間時間に常備菜作りを始めちゃいましょ!

画像提供/kaoringoさん

(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら