ゴージャスに新年を迎える世界の3大都市のカウントダウンがすごい!

ゴージャスに新年を迎える世界の3大都市のカウントダウンがすごい!

踊り明かしたい夜!
毎年12月31日から1月1日にかけて、世界中で盛り上がるニューイヤーカウントダウン。特に人がたくさん集まり、ゴージャスなイベントとして毎回ニュースになるのが、ロンドン、ドバイ、ニューヨークの3都市です。

早速そのド派手なカウントダウン動画を見てみましょう。2013年→2014年に変わる瞬間です。

▼ロンドン

London Fireworks 2014 - New Year's Eve Fireworks - BBC One
(出典 : YouTube/BBC

花火とカウントダウンのために約25万人が押し寄せるといわれています。テムズ川沿いに建つロンドンの象徴として知られる大時計『ビッグベン』の鐘が零時を告げて年が開けると同時に花火が打ち上げられます。

テムズ川沿いにある高さ135mの巨大観覧車「ロンドン・アイ」の壁面には、新年までの残り時間が大きく映しだされるのだそう。何万人もが声を合わせてカウントダウンする様子は圧巻ですね。しかも、花火は動いている観覧車から打ち上げられています。世界遺産と迎える新年は気持ちが上がりますね!

▼ドバイ

Dubai Firework 2015 - LED World Record
(出典 : YouTube/R Gajjar
ドバイのカウントダウンもこんなに盛り上がるようです。次々と繰り出される花火にうっとりするどころか、唖然とするしかないほどの迫力ですね。

なんと2013-2014の年越しイベントは、ギネス記録に挑戦というビックイベントでした。この夜、それまでクウェートが保持していた2012年の7万8千発のカウントダウン花火の記録を抜く、6分間で50万発というケタ違いの花火が打ち上げられたのです。

もはや「すごい」という言葉しか出てきません。お正月が終わった2月から準備し、わずか6分で消えるお金は約6億円! 1分1億円なので、秒速1億円稼ぐ男レベルじゃないと観られないスケールですね……(笑)。

▼ニューヨーク

<詳細映像記録>ニューヨーク カウントダウン Times Square count down 2013
(出典 : YouTube/tripusay
//www.youtube.com/embed/e2jzMym59h4
ニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンは、大晦日のNY行き航空チケットが高騰するほどの人気ぶりだとか。さまざまなアーティストが出演するコンサートで、観客の一体感がたまりませんね。さすがアメリカです。

ただし、こんな注意点も。

1. 31日15時(9時間前)にはタイムズスクエア入り。
2. 朝の時点から水分を極力控える。
3. 途中でトイレに行けない。心配ならおむつ。
4. 夕方から氷点下まで冷える。暖かい格好。
5. 脱落者が出始める。座った時におしりに敷く物。
6. 8時間以上の長丁場。お腹を満たすもの。

あまりの人混みで、8時間以上もトイレに行けないなんて! どうやら、鉄の膀胱が必要なようですね……。

ちなみに、会場の巨大LEDスクリーンは東芝製。そのため、日本時間でのカウントダウンもあるのだとか。

カウントダウンイベント本番前の日本時間2014年1月1日午前0時(現地時間2013年12月31日午前10時)、NY在住の日本人向けにジャパンカウントダウンを実施しました。東芝ビジョンでは、女性書道家の成田眞澄さんによる筆文字が躍るカウントダウンアニメーションを放送し、来場者には東芝ビジョンオリジナルグッズを配布。

みなさんは、今年の年越しはどのようにお過ごしの予定ですか? 2015→2016年は、海外のド派手なカウントダウンイベント参加を、今から計画してみるのもいいかもよ☆ よいお年をお迎えくださいね!

(田中いつき+ノオト)

関連記事