メディア個別 こんな体操があるの? ちょっと変わったオモシロご当地体操 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
こんな体操があるの? ちょっと変わったオモシロご当地体操

こんな体操があるの? ちょっと変わったオモシロご当地体操

なんだかカラダがなまったなぁ……と思っても、「忙しくてなかなかカラダを動かす時間がない」「運動したくても何をしたら良いかわからない」という人も多いのでは? そんなあなたにオススメなのが短時間で簡単にトライできる体操。

中でも、ご紹介したいのが「ご当地体操」です。さまざまな都道府県、市町村がユニークな体操を発表しているんですよ。今回はその中でも筆者がビビッときたご当地体操をピックアップします♪

■はっぱっぱ体操(千葉県柏市)

健康や交流をテーマに都市開発が進む「柏の葉エリア」(つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」周辺/千葉県柏市)のオリジナル体操として「はっぱっぱ体操」を開発し、地域での普及・発展に向けた活動を開始します。
「はっぱっぱ体操」が本格始動、コンテストや講習会を開催/はっぱっぱ体操普及実行委員会

地域交流の活性化のために始められたはっぱっぱ体操。普段の生活ではあまり使われない筋肉を鍛える動きで、体だけでなく脳にも良い刺激があるのだとか。

はっぱっぱ体操練習動画
YouTube/kashiwanohappappa

実際に試してみると、変わった体操のポーズが多く、思わず笑顔になる楽しい体操でした♪

■津軽健康雪かき体操(青森県)

青森県教育委員会が、「運動」を中心とした科学的・効果的な体力づくり対策による健康寿命の伸延を目指し、平成17年に発表したのが『健康雪かき体操』です。(中略) ストレッチと筋力トレーニング中心の体操で、12パターンの動きから構成されています。スコップを使う動きやスノーダンプで雪を押し出すなどの「雪かき」の動作を取り入れており、高齢者だけでなく、子どもを含む全ての方に気軽に取り組んでいただける体操となっています。
健康雪かき体操/青森県教育委員会ホームページ

毎年、大量の雪が降る青森で欠かすことのできないのが「雪かき」。実はかなりの重労働なんです。今回は、筆者の友人にこの健康雪かき体操を実際に覚えて実践してもらいました!

健康雪かき体操
YouTube/ITO Ayaka

感想としては「思っていたより結構ハードだった!」とのこと。筆者もチャレンジしてみましたが、ゆるやかな動きにも関わらず、運動不足のためか少し汗をかきました(笑)。

この他にも、三重県伊賀市の忍者の動きを取り入れた「忍にん体操」や糖尿病死亡率ワースト1位の徳島県が提案する「阿波踊り体操」など、ユニークなものがたくさんありますよ!

空き時間にトライできて、広いスペースもいらないご当地体操。探してみると、あなたの地元にもおもしろい体操があるかも。よかったらチェックしてみてくださいね。

(イトウアヤカ+ノオト)

※この記事は、青森県が実施する「20代を変える『生き方ナビ』事業」との協業により、県内の大学生が「ALICEY学生特派員」となり、青森で暮らすことの魅力を学生主体で情報発信するために作成された記事です。

written by

AOMORI Media Labo.
AOMORI Media Labo.
青森県が学生を中心とした20代の若者を対象に、青森県で暮らすことをイメージできるような企画を実施する「20代を変える『生き方ナビ』事業」。その一環として、「AOMORI Media Labo.」では、青森県内の大学生が、青森で暮らしていくことの価値を見つけ、その魅力を県内外へ発信していく活動を実践&継続するためのサポートを行っています。学生特派員(弘前大学8名、青森中央学院大学3名、計11名)がライターとなって、ALICEY編集部がフォローしながら、青森の大学生ならではの視点で情報発信します。
この記事へのご意見はこちら