メディア個別 鮮やかな赤色に栄養がたっぷり!奇跡の野菜「ビーツ」を美味しく食べるレシピ15選 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
鮮やかな赤色に栄養がたっぷり!奇跡の野菜「ビーツ」を美味しく食べるレシピ15選

鮮やかな赤色に栄養がたっぷり!奇跡の野菜「ビーツ」を美味しく食べるレシピ15選

【目次】
1.赤色が鮮やか!栄養満点の根菜「ビーツ」とは?
2.手軽でおしゃれ!ビーツが美味しい簡単レシピ
3.食卓を彩る鮮やかな赤色。ビーツで作るスープ料理
4.こんな食べ方も♪ビーツのバリエーションレシピ

 

1. 赤色が鮮やか!栄養満点の根菜「ビーツ」とは?

スーパーでもなかなか見かけないビーツ。「見たことや聞いたことはあるけれど、使ったことはない」という人も多いのでは? まずはビーツの栄養や調理法、基本のゆで方をご紹介します!

 

ミネラル豊富!“食べる輸血”とも言われるビーツ

ビーツは赤くて丸い根ときれいな緑色の葉を持つ、見た目はかぶのような野菜です。ビタミンCのほか、カリウムや鉄分などのミネラルを豊富に含み、高血圧やむくみの防止に効果があると言われています。また、体内で一酸化窒素を生成し、血管を健康に保つ効果があるとして注目されているんです♪

 

ビーツを美味しく食べよう!まずは「基本の茹で方」から

ビーツを水でよく洗い、酢と塩を入れたお湯でやわらかくなるまで茹でます。ゲオスミンという物質による土のようなにおいは酸によって分解されるため、酢を加えることですっきりと無臭に。

●神田 美紀さんのビーツのゆで方

 

2.手軽でおしゃれ!ビーツが美味しい簡単レシピ

ビーツは生のもの以外にも缶詰や瓶詰、水煮にしたものなどさまざま。加熱済みのものを使えば、簡単にオシャレなおかずが作れますよ♪ 普段の食卓にビーツを取り入れてみましょう!

 

甘くて美味しい!作り置きできるビーツと玉ねぎのサラダ

ビーツ、玉ねぎ、コーンの甘みとマヨネーズが相性抜群のサラダ。野菜を茹でてから調味料で和え、最後にオレガノを加えたらできあがりです。3日ほど保存できるので、常備菜としても便利な一品。

●アンナのキッチンさんの15分でできる栄養満点の常備菜♪【ビーツと玉ねぎのサラダ 】

 

サイドディッシュに。ビーツとスナップえんどうのデリ風サラダ

優しい甘さのビーツとスナップえんどうを、酢とにんにくで風味よく炒めます。サイドディッシュやおつまみに大活躍の一皿。ビーツの下準備をしておけばパパッと作れる簡単おかずです。

●SHIMAさんのビーツとスナップエンドウのデリ風サラダ



 

疲労回復に!サラダにも使えるビーツのピクルス

ビーツをじっくりローストして甘みを引き出す、栄養満点のピクルス。酢漬けにすることでビーツの疲労回復効果がグンとアップします! そのまま食べるのはもちろん、サラダに加えてアクセントにするのもおすすめ。

●丹下慶子さんの美肌&美腸に!ビーツのピクルス

 

手軽に作れるキレイなおつまみ♪水煮ビーツのカルパッチョ風

水煮タイプのビーツをスライスしてお皿に並べ、マヨネーズベースのソースとオリーブオイルをかけるだけで完成! おもてなしにぴったりの豪華な一皿です。白ワインと一緒にどうぞ♪

●松山絵美さんの食べる輸血!!ビーツのカルパッチョ

 

ビーツを重ねてカラフルに。ロシア風のポテトサラダ

セルクル型に具材を重ねて、カラフルに仕上げるロシア風のポテトサラダです。マッシュポテト、ゆで卵、玉ねぎ、ハム、ビーツと具だくさんがうれしい♪ セルクルがなければ、牛乳パックなどでも代用できますよ。

●ヤミーさんのクリスマスに♪ 美しい、ビーツとポテトのサラダ

 

3.食卓を彩る鮮やかな赤色。ビーツで作るスープ料理

ビーツといえばボルシチ! ロシアの伝統料理ボルシチをはじめ、ピンク色が美しいポタージュなど、ビーツで作るスープをご紹介します。

 

生のビーツと豚バラ肉で!短時間で作る本格ボルシチ

豚バラ肉を使うことで煮込み時間を短縮する、簡単だけど本格的なボルシチ。具材をそれぞれ小さめに切っておくのがポイントです。仕上げにサワークリームとフレッシュディルを添えたら完成!

●aya-kumaさんの豚ばら肉で作る簡単ボルシチ

 

ビーツの缶詰で作る、豆入り具だくさんのボルシチ

大きな厚手の鍋に野菜をたっぷり入れ、コトコト煮込んで作る具だくさんのボルシチ。くたっとやわらかくなった野菜に、ひよこ豆の歯ごたえが際立ちます。牛肉のだしとビーツの甘みが絶妙にマッチ!

●庭乃桃さんの豆入りボルシチ

 

心も体も癒してくれる、ふんわり美味しいビーツとじゃがいものスープ

やさしい甘みとふんわりとした口当たりがたまらない、クリーミーなスープ。ビーツとじゃがいもの量は色合いや味の好みによって調節を。疲労回復や美肌に効果的なビーツが、疲れた体を癒してくれます♪

●お天気ママさんのほっこり心と体を癒すビーツとじゃが芋のスープ

 

パーティにも活躍♪ピンク色がきれいなビーツのポタージュ

ビーツの鮮やかな色を生かした、ピンク色のポタージュ。ビーツをにんにく、ハムと一緒に炒め、コンソメを加えて煮ます。ミキサーにかけ、好みの色になるまで牛乳を加え、味を調えたらできあがり。

●きゃらきゃらさんの春色🌷ビーツのポタージュ



 

4.こんな食べ方も♪ビーツのバリエーションレシピ

サラダやスープ以外にも、さまざまな料理で活躍してくれるビーツ。パスタやリゾットなどメインおかずのほか、ビーツの葉を使った簡単レシピをご紹介します!

 

ビーツの水煮で簡単!具だくさんのボルシチ鍋

玉ねぎ、じゃがいも、キャベツなどの野菜をボルシチ風の味付けで煮込み、ビーツの水煮、お好きな肉を加えて煮たら完成。サワークリームやクリームチーズを溶かしつつ、具材に絡めていただきます♪

●松山絵美さんの食べる輸血!ビーツたっぷり*ボルシチ鍋*

 

見た目も香りも華やか!ほんのり甘いビーツのパスタ

ビーツのほのかな甘みとバジルの独特の香りがマッチした、鮮やかなピンク色のパスタ。茹でたビーツとバジル、パルミジャーノ・レッジャーノをミキサーでペースト状にし、パスタに絡めたら完成! 簡単でおしゃれな一品です。

●Ryogoさんの【栄養満点!】ビーツでピンクパスタ

 

生のビーツと赤ワイン。大人向けのビーツリゾット

フレッシュなビーツと赤ワインを使って、ルビー色のリゾットに。ビーツの茹で汁と野菜のだしで作るブロードが美味しさのポイントです。モッツァレラチーズの上にリゾットをのせたら、余熱でトロリととろけます!

●曽布川優子さんのビーツと赤ワインでルビー色のリゾット

 

簡単に作れてヘルシー!ビーツとベリーのスムージー

水煮タイプのビーツと冷凍ミックスベリー、豆乳をミキサーで撹拌した簡単スムージー。甘みと酸味の絶妙なバランスがたまりません♪ ミックスベリーは少しとっておいて、かわいくトッピングしましょう。

●中井エリカさんのビーツとベリーの赤いスムージー

 

味付けはシンプルに塩のみ!ビーツの葉とケールのソテー

ビーツの葉とケールを強火でさっと炒めて塩をふり、バターで香りをつけたお手軽なおかず。さっくりとした食感とバターの豊かな風味が美味しく、ビールのおつまみにもぴったり! お好みで粗びきこしょうをかけても◎。

●谷口カナさんのバター香る。ビーツの葉とケールのソテー


カラフルな野菜で食卓に彩りを!
・新・定番野菜「紫野菜」のココがすごい!
・カラフルで栄養たっぷりのパプリカを美味しく食べよう!
・よく見るあの野菜どう使う?おしゃれ葉物野菜の活用術