メディア個別 毎月のツラさを軽く。“生理”をよく知って、私らしくつきあう | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
毎月のツラさを軽く。“生理”をよく知って、私らしくつきあう

毎月のツラさを軽く。“生理”をよく知って、私らしくつきあう

大人になりきれない年頃からはじまって、毎月付き合い続けている“生理”。私たちにとっての日常だけれど、生理周期や痛み、生理用品の種類など悩みはつきません。なんとなくわかった気でいる生理について知ることのできる記事をご紹介します。

■実はみんな悩んでいた!? ナプキン派・タンポン派座談会

アリシー編集部メンバーとライターの4人でナプキン派・タンポン派に分かれて赤裸々な座談会を開催。ふだん話す機会のない生理用品の選び方や使い方や、生理の期間や経血の量、実際に使っているアイテムまで明かしたリアルな声は、生理の疑問や悩みがぎゅっと詰まっています。相談下手な全女性に読んでもらいたい記事です!

■初歩的な疑問を解決。タンポンの正しい使い方

生理タンポンはナプキンに比べて少数派。未経験で使い方がわからない、使っているけれど悩みや疑問を抱えている人も多いみたいです。婦人科の先生に正しい使い方や、メリット、デメリットを伺い、「ナプキン派・タンポン派座談会」記事で挙がっていた疑問も解決! 「本当に8時間も使用していいの?」「プールや温泉に入るときは?」など、意外と知らない生理タンポンの正しい知識をまとめました。

■我慢しないで!! 生理痛の原因と市販薬の取り入れ方

多くの女性が悩まされている生理痛は、ツラい以外の何者でもありません。でも、なぜ生理痛が起こるか知っていますか? 温めたらなんで楽になるの? そんな疑問を婦人科の先生に答えていただきました。我慢せず、市販薬に頼る方法や手軽にできるセルフケアなど、生理痛が少しでも軽くなる方法も紹介しています。

■生理は百害あって一利なし!? 婦人科医が低用量ピルを勧める理由

敬遠しがちな低用量ピルですが、うまく利用すれば生理がグッとラクになることも。「低用量ピルは『生理痛の治療薬』として保険適用になっているものもある」、「生理がくることは、健康のバロメーターではない」など、専門医の語る内容は目からウロコ。一読すれば、生理と低用量ピルのイメージが変わる人が多いはずです。生理に悩む人たちが、婦人科へ行くきっかけにしてほしい記事です。


生理のことを知るだけで、毎月の選択肢が広がります。ツラさが軽くなって、あなたらしいライフスタイルが送れますように。

(アリシー 編集部)