メディア個別 【作り置き連載Vol.12】アレンジも自由自在♪栄養満点な鶏むね肉とひじきの作り置きおかず | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
【作り置き連載Vol.12】アレンジも自由自在♪栄養満点な鶏むね肉とひじきの作り置きおかず

【作り置き連載Vol.12】アレンジも自由自在♪栄養満点な鶏むね肉とひじきの作り置きおかず

週末に作り置きしておけば、平日のお弁当や夕食、朝食の一品に使える便利な「作り置きおかず」。そのまま食べても美味しいですが、アレンジして活用すれば2日目以降も飽きずにいただけます。そんな便利な作り置きおかずをご紹介していくこの連載。

●今までの作り置き連載はこちら

今回は、「鶏むね肉」と「ひじき」を使って作る、お手軽サラダをご紹介します。鶏むね肉は高たんぱくで低脂肪、ひじきはカルシウムや食物繊維、マグネシウムを始めとしたミネラルがたくさん含まれています。栄養満点な食材を組み合わせた体にやさしい作り置きおかずです。どちらも手軽に買えるので、作り置きの定番レシピにしたい一品。それだけでももちろん美味しいですが、ひと手間加えればお弁当のおかずや休日のお昼ごはんにぴったりです!

 

副菜にぴったり!鶏むね肉とひじきのねぎサラダ

まずは基本のレシピを紹介。粒マスタードと青ねぎの辛味が効いて、食欲がない時にもさっぱり食べられますよ。

【材料・作りやすい分量】
鶏むね肉 1枚(300g)
ひじき(乾燥) 10g
A 砂糖 小さじ1
A 酒 大さじ1
B 粒マスタード 小さじ1
B みりん・いりごま  各大さじ1
B すりごま 大さじ2
B マヨネーズ 大さじ3
B 青ねぎ 2本

【作り方(調理時間15分)】
1. 鶏むね肉は皮を取り除き、真ん中に包丁で切り込みを入れ開く。
耐熱皿にAと一緒に入れて揉み込み、ラップをふんわりかけ、600wで3分レンジで加熱する。
電子レンジから取り出してそのまま冷ます。

2. ひじきはたっぷりの水に10分浸し、ざるに上げて水気を切る。青ねぎは小口切りにする。

3. 1を手で裂いてボウルに入れ、2のひじきとBを入れて混ぜ合わせる。

【コツ・ポイント】
・鶏むね肉は観音開きにしてレンジで加熱することで、早く火が通るので加熱ムラを防げます。
・鶏むね肉は電子レンジで加熱して、ラップをしたまま冷ますことで、余熱でじっくり火が通りしっとり食感に。

【保存方法・保存期間の目安】
・保存容器に入れ冷蔵保存で2日

このレシピをお気に入り保存する
●鶏むね肉とひじきのねぎサラダ

 

ひと手間加えて大変身!作り置きおかずの簡単アレンジレシピ

鶏むね肉とひじきのねぎサラダを使った、リメイクレシピのご紹介です。副菜だったサラダがボリュームアップして、主役に大変身!

 

チーズと大葉がアクセント!鶏むね肉とひじきのねぎサラダのチーズ春巻き

鶏むね肉とひじきのねぎサラダをチーズや大葉と一緒に春巻きの皮で包み、油で揚げるだけ。鶏むね肉とひじきの食感も楽しめます。大葉の風味がアクセント!

【主な材料】
鶏むね肉とひじきのねぎサラダ
春巻きの皮
大葉
スライスチーズ
揚げ油

●詳しいレシピはこちら
鶏むね肉とひじきのねぎサラダのチーズ春巻き

 

あっという間に完成!鶏むね肉とひじきのねぎサラダの塩焼きそば

パリパリに焼いた焼きそばに、鶏むね肉とひじきのねぎサラダを加えただけの超簡単レシピ♪ さっぱり味の塩焼きそばですが、鶏むね肉入りなので食べごたえもあってヘルシーです! ごま油の香ばしい香りがやみつきになります。

【主な材料】
鶏むね肉とひじきのねぎサラダ
焼きそば麺

●詳しいレシピはこちら
鶏むね肉とひじきのねぎサラダの塩やきそば

ひじきといえば、和風に味付けする調理法が定番ですが、今回ご紹介したレシピのように具材をプラスしてサラダにするのもおすすめです。お手頃価格で購入できる食材ばかりなので、節約おかずとしても大活躍してくれます。たくさん作って、お弁当のおかずや夕食のおかずにアレンジして楽しみたいですね! ぜひ作り置きおかずのラインナップに追加してみてください。

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
家庭料理研究家 鈴木美鈴
https://oceans-nadia.com/user/10816

 

鶏むね肉やひじきの便利な活用法をチェック!
・【鶏むね肉をもっと活用!】鶏ハムにも便利!薄く広げる「観音開き」をマスターしよう
・栄養豊富なお役立ち食材「ひじき」をもっと食卓に!ひじき活用レシピ15選