メディア個別 マツコさん絶賛のあずきバー+雪見だいふく=白玉ぜんざいを作ってみた | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
ちょっとだけ、羽目はずしたい夏。
マツコさん絶賛のあずきバー+雪見だいふく=白玉ぜんざいを作ってみた

マツコさん絶賛のあずきバー+雪見だいふく=白玉ぜんざいを作ってみた

マツコ・デラックスさんがさまざまなジャンルのゲストとトークを繰り広げるバラエティ番組「マツコの知らない世界」(TBS系)。12月15日に放送された回のゲスト、コンビニアイス研究家のアイスマン福留さんが紹介した「あずきバー」の食べ方が、ネットでにわかに話題となっています! なんでも、井村屋の「あずきバー」とロッテの「雪見だいふく」を使って、簡単に「クリームぜんざい白玉」が作れちゃうんだとか。

作り方はまず、あずきバーを2本耐熱性の器に入れたら、2分30秒電子レンジで温めます。あとは、溶けたあずきバーの液の中に雪見だいふくを入れるだけ! こんなに簡単でいいの!?

「アイスを溶かしたぜんざいなんてちょっと水っぽくなっちゃうのでは?」なんて思ったりもしますが、いやいや。これがかなり好評なんですよ。

実はあずきバーを温めてぜんざいにするという方法は、あずきバーの生みの親「井村屋」さんのTwitterアカウントでも紹介されているオフィシャルなテクニック。

実際にはどうなのか、ALICEY編集部でも試してみました!

あずきバーで作ったぜんざいはアイスを溶かして作ったとは思えないほど、しっかりとした甘さ。適度に溶けた雪見だいふくは、冷たいけれどトロッして食べやすい! さらに周りを包むぎゅうひは、もっちりとして、食感のアクセントになってます。筆者も今まで幾度となくあずきバーと雪見だいふくを食べてきましたが、こんな食べ方思いもつきませんでした……。

こちらはアレンジバージョンの「濃厚生チョコストロベリー雪見だいふく」。食べてみると、アポロチョコに近い味わいが。舌で感じる甘みはあずきで、抜ける風味はチョコレートという感覚がありました。ストロベリーの甘酸っぱさも、アクセントになっていて食べやすいです♪

冬は寒いけれど、なぜかアイスが食べたくなるもの。冷た~いアイスから作る、あったかひんやりスイーツを、あなたもぜひお試しあれ♪


(目良シンジ+ノオト)

written by

目良シンジ
目良シンジ
駆け出しの新米ライターです。おいしいおコメになれるよう、がんばります。 コピーライター志望でしたが、縁あって混沌たるライターの世界へ。 エンタメ系中心に、足を使い、身体を張り、楽しい情報をご提供できれば。 最近の関心事→広告、書籍(児童書を中心にまんべんなく)、JAZZ ☆応援メッセージお待ちしてます!
この記事へのご意見はこちら