メディア個別 コーヒーに入れるだけでダイエット⁉ グラスフェッドバターとは | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
コーヒーに入れるだけでダイエット⁉ グラスフェッドバターとは

コーヒーに入れるだけでダイエット⁉ グラスフェッドバターとは

コーヒーに入れるだけでダイエットできると噂の「グラスフェッドバター」って知っていますか? 普通のバターと同じように料理にも使えるけど、バターよりも健康にいいそうなんです。そんなグラスフェッドバターの効果と使い方について、栄養士の前田美紀江さんに伺いました!

■グラスフェッドバターって何?

──グラスフェッドバターとはどういうものでしょうか?

「グラスフェッドとは『grass=牧草+fed=食物(エサ)』という意味で、牧草を与えられた牛から作られたバターのことをグラスフェッドバターと言います。一般的には穀類を与えられている牛と比べてエサ自体がヘルシーなため、私たちが積極的にとりたい不飽和脂肪酸が多く含まれています。不飽和脂肪酸には、お肌に嬉しい抗酸化作用もあるんですよ」

──グラスフェッドギーという言葉もよく聞きますが、グラスフェッドバターとどう違うのでしょうか?

「ギーとはバターをゆっくり煮ることで水分と乳たんぱく質を取り除いたピュアな脂肪です。例えば、『GHEE EASY』のグラスフェッドギーは、無塩発酵バターを伝統的な製法で18時間以上じっくりと加熱し、カゼインや水分、たんぱく質、不純物をほぼ除去して作られています。つまり、より身体によい成分をとることが期待できるというわけです」

■グラスフェッドバターのダイエット効果は⁉

──痩せる効果もあると言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。

「不飽和脂肪酸のなかでも、牛が消化吸収することで発生する『共役リノール酸』というものが内臓脂肪の蓄積を抑制したり、脂肪の代謝を促進したりすると期待されています」

──ココナッツオイルやMCTオイルなど、ダイエットに良いとされている他のオイルとは、どのような違いがありますか?

「脂肪酸の中には『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』というものがあり、グラスフェッドバターには、先ほどお話した通り、『不飽和脂肪酸』が多く含まれています。どちらかというと飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸の方が普段の生活でとりにくいため、意識してとりたい脂肪酸になります。そして、MCTオイルと比べ、グラスフェッドギーは発煙点(油脂を加熱していくときに煙が発生する温度のこと)が250度と高温なので、炒め物などの加熱する調理に向いていると言えます。

一方で、MCTオイルもココナッツオイルも分類は『飽和脂肪酸』で、そのなかでも『中鎖脂肪酸』という脂肪酸がたくさん含まれています。この中鎖脂肪酸は吸収が他のものに比べて早く、エネルギーになりやすいため、体脂肪として貯蓄されにくいという点でダイエット中の方にはオススメとされているのでしょう。また、すぐにエネルギーになるという観点で高齢者向けに低栄養を予防するものとして使われていたりもします」

■グラスフェッドバターの食べ方は?

──コーヒーに入れるのが一般的なようですが、他にオススメの食べ方はありますか?

「私も実はトライしていたことがあるのですが、いきなりバターコーヒーを毎朝のタスクにするとハードルが高いと感じてしまったので、『バター』としてパンやケーキ、バター炒めなど通常のスイーツ作りやお料理に使っていただいても良いと思います。

あくまでも油なので積極的にとるというよりも、日常生活で使う油を『体がより嬉しいものにしてあげる』という観点の方が取りすぎによる懸念もなくなるでしょう」


身体にも良くて、太りにくいグラスフェッドバター。筆者は早速試してみたのですが、見た目はバターよりも透明感があって、重たくない印象。コーヒーに入れると、さらっと溶けて透明になりますが、バターの香りは強いです。香りが苦手な方でなければ、バター炒めやお菓子作りにバターの代用品として使うのは、オススメだと思いました!

(加藤晶子+アリシー編集部)

written by

加藤晶子
加藤晶子
渋谷区在住のワーママライター。夫はミャンマーにいるため4歳の娘のワンオペ育児中。「自分らしい働き方・生き方」に興味をもち、自身も銀行員⇒会社員⇒契約社員⇒NPO団体職員⇒フリーランスと働き方を模索してきた。キャリアコンサルタントとして、悩める女性の相談に日々のっている。
この記事へのご意見はこちら