メディア個別 知ってる? クッキーとビスケットの違い | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
知ってる? クッキーとビスケットの違い
意外と知らない! 〇〇と〇〇の違い

知ってる? クッキーとビスケットの違い

手作りお菓子の定番「クッキー」。そういえば「ビスケット」って作ったことありますか? 2つはコンビニやスーパーで隣に並んでいて、なんとなく見た目に差があるようにも思えるけれど、何が違うんでしょう?

■クッキー

実は、「クッキー」と「ビスケット」はどちらも英語で、世界的にみると違いはありません。ただし日本では昔、「クッキー」は「ビスケット」よりも高級品だと思われていた背景から、菓子業界で呼び方を区別する傾向があります。

「クッキー(cookie)」は小麦粉が主原料の焼き菓子で糖分と脂分が40%以上のものです。ケーキや焼き菓子を意味するオランダ語「koek(クーク)」が語源です。

■ビスケット

小麦粉の焼き菓子で、糖分と脂分が40%未満のものを「ビスケット(biscuit)」と呼びます。フランス語の「biscuit(ビスキュイ)」が語源です。

ちなみにサブレ(sablé)はフランスから伝わった呼び方で、日本ではクッキーやビスケットよりもバターもしくはショートニングを多く使った焼き菓子を指します。フランスでは、日本でクッキーやビスケットに分類される焼き菓子全体をサブレと呼ぶそうですよ。日本だけ、小麦粉の焼き菓子を「クッキー」、「ビスケット」、「サブレ」と呼び分けているなんて、ちょっと面白いですよね。

(アリシー 編集部)