メディア個別 たらこ×焦がしバター! KALDIのたらこスプレッドが万能すぎる | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
たらこ×焦がしバター! KALDIのたらこスプレッドが万能すぎる

たらこ×焦がしバター! KALDIのたらこスプレッドが万能すぎる

KALDI(カルディ)から発売中の「たらこスプレッド」。マーガリンのような容器に入ったこのスプレッド、パンやパスタ、ごはんとの相性が抜群でおいしすぎると、SNSで話題沸騰中。今回はそんな大人気の「たらこスプレッド」を活用したレシピを4つご紹介します。

■KALDIの冷蔵コーナーをチェック!

今回ご紹介するのがこちら。つぶつぶたらこと焦がしバターのハーモニー「たらこスプレッド」(358円/税込)。

たらこのつぶつぶ感と、淡いピンク色に期待が高まります。

■塗って焼くだけ! 「たらこフランス」

用意するものは、たらこスプレッドとパンのみ。今回はフランスパンを使ってみました。パンにスプレッドを塗ったら、後はトースターで焼いてできあがりです。仕上げにパセリを散らすと、さらに彩りが良くなりますよ。

早速いただいてみると、たらこの旨味とバターのコクがしっかりと感じられます。フランスパンを使用したので噛み応えがあり、噛めば噛むほど口中に旨味が広がっていきます。まるでパン屋さんの商品のような本格的な味わいに……! フランスパンはもちろん、食パンに塗っても◎。

■切ってのせて焼くだけ! 「アボカド×たらこ」

材料はアボカド、スライスチーズ、そしてたらこスプレッドのみ。アボカドを半分に切ったら、その上にスライスチーズ、たらこスプレッドをのせて、トースターグリルで約2分焼くだけ。あっという間に完成です。

焼き時間は、お使いの電子レンジやトースター、アボカドやチーズの状態を見て調整してください。

今回はチーズとたらこに、更にマヨネーズをプラスして作ってみました。食べ頃のアボカドをグリルすることで更に柔らかく食べやすくなり、スプーンでスッとすくうことができます。

気になるお味は、畑のバター・アボカドの濃厚なコクに、たらことチーズの塩味が絶妙に合わさり、お互いのよさを引き立てています。アボカド半分でも満足できる食べ応え!

■じゃがいもはレンジでチン! 「じゃがたらこバター」

材料はじゃがいも、バター、たらこスプレッドの3つ。じゃがいもは皮をよく洗い泥を落としたら、ラップにくるんで電子レンジでチンするだけ。目安としては、500wで3分加熱したら、ひっくり返して更に2分加熱します。

お使いの電子レンジや、じゃがいもの大きさによって、加熱時間は調節してください。

じゃがいもに火が通って柔らかくなったら十字に切り、たらこスプレッドとバターをのせて完成です。じゃがいものほくほくとした素材の味を引き立てながら、たらことバターの旨味がふわっと口中に広がります。

スプレッドにもバターが入っていますが、更にバターを加えたことでコクが増し贅沢な味わいに! 小腹が空いた時や、もう一品ほしい時にサッと作れるのが嬉しいですね。

■調理時間5分! 「クリーミーなたらこうどん」

材料は、うどん、生クリーム、豆乳、めんつゆ、たらこスプレッド。今回は電子レンジでチンするだけで食べられるうどんを使用しました。

1.電子レンジでうどんを加熱。
2.耐熱容器に生クリーム50ml、豆乳100ml、めんつゆ大さじ1、たらこスプレッドを適量入れ、電子レンジで500wで約2分加熱。
3.器にうどんを入れ、2で温めたものをかけたらできあがり。お好みでたまごをのせたり、のりをちらしても◎。

電子レンジでチンするうどんを使用したので、調理時間はたったの5分! 肝心のお味は、簡単なのにひと手間かけたような濃厚な味わい……! 麺につぶつぶのたらこがほどよく絡み、麺を食べても、スープを飲んでもたらこの旨味を堪能することができます。

今回は無調整豆乳を使用しましたが、もっと濃厚にしたい方は調整豆乳や、牛乳がおすすめです。


今回ご紹介したレシピはもちろん、たまごに混ぜて焼いたり、マヨネーズと混ぜてディップにしたりと、アレンジの幅は無限大! 気になった方は、ぜひKALDIの冷蔵コーナーで「たらこスプレッド」をチェックしてみてくださいね。

(Shoko+アリシー編集部)

written by

shoko
shoko
ダンスとヨガを愛するライター。様々なジャンルの人やものに触れて、世界を広げていきたいお年頃。ダイエットと筋トレは万年のテーマです。熱しやすく冷めやすいのが玉にキズ。よく言えば好奇心旺盛。そして猪突猛進型。お手軽、簡単で有益な情報をお伝えしていきます。
この記事へのご意見はこちら