メディア個別 赤西仁さん「変形性腰椎症」でツアーとりやめ、公演大幅変更。どんな病気? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
赤西仁さん「変形性腰椎症」でツアーとりやめ、公演大幅変更。どんな病気?
知っておきたい病気・健康のはなし

赤西仁さん「変形性腰椎症」でツアーとりやめ、公演大幅変更。どんな病気?


2019年3月4日、歌手の赤西仁さんが「変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)」と医師に診断されたことを公式サイトで発表。4月6日から予定されていた「JIN AKANISHI “THANK YOU” TOUR 2019」全18公演の出演がとりやめになったことも明かされ、ファンが騒然とする事態になりました。代替公演はあるものの、本人の出演はないそうです。

赤西さんが腰の痛みを訴え、病院で検査をしたところ発覚したそうですが、変形性腰椎症とは一体どんな病気なのでしょうか?

Q. 変形性腰椎症ってどんな病気?




A.腰椎とは、5つの椎骨(ついこつ)からなる背骨の一部です。その腰椎や、椎骨と椎骨との間にある椎間板(ついかいばん)が変形して突出するなどして、腰痛や下肢痛が生じることを「変形性腰椎症」といいます。

主な原因は加齢による生理的な背骨の劣化で、軽症の場合は無症状のことも多く、通常は病的な意味がないことも多いそうです。しかし、変形が進んで悪化すると、腰痛をはじめとする腰回りの重さやだるさ、足の痺れや痛みなどが生じてきます。さらに、腰椎の内部にある脊柱管が圧迫されると中にある神経が圧迫され、脚の痛みや痺れなど様々な神経症状が現れることも。そうなると、「腰部脊柱管狭窄症」(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)が考えられます。

治療法としては、内服薬や神経ブロック、理学療法などが一般的です。しかし、こうした保存的療法でも改善されない場合や、痛みや痺れが強く日常生活に支障をきたす場合は、骨による圧迫を解除する手術(除圧術)が行われることもあります。


変形性腰椎症は背骨の加齢的変化によって生じるものなので、誰にでも起こりうる可能性があります。「最近ずっと腰がだるい」「腰痛が続いている……」といった症状が気になる方は、早めに受診しましょうね!

(アリシー編集部)