メディア個別 優しい甘さで身体にもいいことたくさん♪はちみつ活用レシピ16 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
優しい甘さで身体にもいいことたくさん♪はちみつ活用レシピ16

優しい甘さで身体にもいいことたくさん♪はちみつ活用レシピ16

【目次】
1.保存食も簡単!レモン、ゆず、きんかん、しょうがのはちみつ漬け
2.お肉がやわらかくなる効果も♪はちみつを活用したおかずレシピ
3.パンからカステラ、大学芋まで♪はちみつを使ってスイーツ作り
4.身体に優しい甘みを活かして♪はちみつ自家製ドリンク

 

1.保存食も簡単!レモン、ゆず、きんかん、しょうがのはちみつ漬け

殺菌効果が高いはちみつは保存食作りにも最適。ナッツ、レモンなどの柑橘類、しょうがなどをはちみつに漬けておくだけで、そのまま食べてもアレンジしても楽しめる便利な作り置きに変身します! 甘くて美味しいだけでなく、はちみつのミネラル分を一緒に摂れるので、ぜひ積極的に食べたいですね。

 

ひと晩漬けるだけ♪そのままでもおいしいナッツのはちみつ漬け

から煎りしたナッツをはちみつに漬けるだけ♪ そのままでワインのおともにも、パンやバゲットにのせても美味しく食べられます。ひと晩漬ければ食べ頃ですが、1週間漬ければさらに味がなじんでやわらかくなります。お好みで時間を調整してくださいね。

●keiko akiyamaさんの蜂蜜づけナッツ

 

レモン、ゆず、きんかんでアレンジ!万能調味料にもなるはちみつ漬け

疲労回復に役立つレモンとはちみつを組み合わせることで、疲れている時や運動前のエネルギー摂取に役立ちます。ゆず、きんかんなどほかの柑橘類でアレンジ可能です。暑い日には氷水やソーダで割れば爽やかなドリンクに。

●松井さゆりさんのはちみつレモン

 

風邪予防にも♪身体が温まるしょうがのはちみつ漬け

身体を温めてくれるしょうがを殺菌効果のあるはちみつに漬けた、風邪予防にばっちりの保存食。お湯割りやソーダ割りにして飲むだけでなく、煮込み料理に加えるなど料理にも活用できます。しょうがは皮つきのまま使って香りを活かしましょう。

●若子みな美さんのはちみつ生姜



 

2.お肉がやわらかくなる効果も♪はちみつを活用したおかずレシピ

はちみつはおかず作りにも活用できます。肉と一緒に使うとやわらかくジューシーに仕上がり、魚に使えば臭みを抑えてくれますよ。甘みだけでなく照りも出るので、みりんの代わりにも。はちみつが肉や魚を美味しくしてくれる5品のレシピです。

 

塗って焼くだけで簡単!鮭の味噌漬け

はちみつと味噌を混ぜたものを塗り、ひと晩おくだけで、いつもの鮭の切り身がランクアップ♪ はちみつの甘みとコクが加わり、ぐっと味わい深い仕上がりになります。はちみつ味噌を塗る前に、魚の水気をしっかり拭きとるのがポイントです。

●栁川かおりさんの鮭のはちみつ味噌漬け。

 

食べやすいからお弁当にもぴったり♪はちみつしょうが焼き

豚薄切り肉をくるくると巻いて焼き、タレをからめて味つけしたしょうが焼き。はちみつのおかげで美味しそうな照り感が出ます♪ お箸でつまみやすく冷めてもやわらかいので、お弁当のおかずにもぴったり。

●Yuuさんのお弁当にも入れやすい♡『豚ロールのはちみつ生姜焼き』

 

はちみつ入りのたれで!作り置きできる鶏もも肉のチャーシュー

こんがり焼いた鶏もも肉をはちみつと調味料を混ぜたタレで煮込む鶏チャーシューです。ゆで卵を一緒にタレに漬け込めば、煮玉子も完成♪ タレは炊き込みご飯やチャーハンなどにも使えます。

●鈴木美鈴さんの鶏もも肉のチャーシュー【作りおき】



 

ハニーマスタードチキンはおつまみにぴったり♪

こんがり焼いた鶏肉に、はちみつと粒マスタードを絡めるだけ! 簡単にできておしゃれな一品は、気軽なおもてなしにもおすすめです。ビールにもワインにもよく合います。

●加瀬まなみさんのハニーマスタードチキン

 

3.パンからカステラ、大学芋まで♪はちみつを使ってスイーツ作り

もちろんお菓子作りにもはちみつは大活躍♪ 甘さはキープしつつカロリーを抑えられるはちみつは、砂糖の量を抑えたいときにもぴったり。パンをはじめ、カステラ、マフィン、パウンドケーキ、大学芋など、はちみつならではの優しい甘さを楽しめる5品を紹介します♪

 

はちみつ×チーズの組み合わせが美味♪食パンで作れるおいしいおやつ

はちみつとチーズの甘じょっぱい組み合わせがやみつきになるトースト。バナナの甘さとボリュームも加わって、簡単なのに大満足のおやつになります。朝食にはもちろん、お酒がすすむ味なのでおつまみにもどうぞ。

●築山紀子さんのはちみつチーズおつまみバナナトースト

 

はちみつをたっぷり使って作る♪とろける食感のカステラ

口に入れると、とろけてしまう“とろ生カステラ”。卵はたっぷり、薄力粉は少なめなので、真ん中がへこんでしまいますが、それこそ成功の証♪ 全ての材料を泡立て、型に流し込んで焼くだけなので簡単です。

●きゃらきゃらさんのとろ生 カステラ

 

バター不使用!はちみつとレモン香るふわふわマフィン

ワンボウルで、材料を混ぜて焼くだけの簡単マフィン。レモン汁とレモンの皮のすりおろしを加え、お好みでレモンのはちみつ漬けを加えて焼き上げます。バターを使わなくても、はちみつのおかげでしっとり焼き上がります。

●夢さんのワンボウルで簡単!はちみつレモンマフィン



 

ホットケーキミックスで簡単♪ふわふわ食感のバナナパウンドケーキ

ホットケーキミックス使用で粉ふるいの必要がなく、ワンボウルでできる簡単レシピ。コクのあるバナナと、はちみつの香りは相性抜群。ノンバター、牛乳入りの軽めの生地でふわふわの仕上がりです。

●田村りか*ランチョンマットさんのオイルとHMで簡単☆極上ふわふわバナナのパウンドケーキ

 

電子レンジでできるから簡単♪揚げずに作れる大学芋

大学芋は大好きだけれど、たっぷりの油で揚げるのが大変…という方におすすめ。加熱はレンジでOK! たれははちみつなどの材料をフライパンで加熱して、とろっとしたらさつまいもを煮絡めれば完成です。

●山本リコピンさんの簡単さつまいもレシピ♪お弁当にも♪揚げない大学芋

 

4.身体に優しい甘みを活かして♪はちみつ自家製ドリンク

はちみつは殺菌効果があり、古くから咳止めの薬としても使われてきました。冬から春にかけての季節、飲み物でも積極的に取り入れていきたいですね。はちみつと一緒にりんご、レモン、しょうが、大根などの栄養と効能をダブルで摂取できる簡単レシピを集めました。

 

ドリンクで身体がポカポカに!りんごとしょうが、はちみつスムージー

身体を温めてくれるりんご、しょうが、はちみつを使ったホットスムージーです。スライスしたりんごや豆乳入りで満足感もあるので、朝食や間食のメニューにも。お好みで冷たいままでもおいしく飲めます。

●小澤朋子さんの冷えに負けない!りんごジンジャーホットスムージー



 

レモンとオレンジたっぷり♪はちみつに漬けるだけのレモネード

薄切りにしたレモンとオレンジに、かぶるぐらいのはちみつを注ぎ、ひと晩ほど寝かせます。はちみつが溶けたら完成! 柑橘類のビタミンCで疲労回復や美肌効果も狙えるドリンクです♪ 炭酸水やお湯、ワイン、焼酎などで割って。

●タラゴンさんのジューシーオレンジレモネード♪

 

ジンジャーエールにも♪はちみつとしょうがでホットジンジャー

しょうが、はちみつ、砂糖でジンジャーシロップを作り、お湯や紅茶で割ります。炭酸水で割ればジンジャーエールにも。煮出したしょうがは、肉と煮たりヨーグルトに混ぜたりして最後までおいしく楽しめます。

●いがらしかなさんの温活!自家製ホットジンジャー。生姜とはちみつを煮詰めて。

 

のどが痛い時はコレ♪はちみつと大根のシロップ

昔からのどによいとされる“はちみつ大根”。その組み合わせにレモンを加えることで爽やかな風味がプラスされ、飲みやすさもアップ♪ 材料をビンに入れて常温で数時間でできる簡単シロップです。

●小泉明代さんのはちみつレモン大根のシロップ

 

身体に優しいスイーツはこちらにも!
・ほんのり甘くてさっぱり♪手作り「フルーツ酢」でじめっと気分を吹き飛ばそう
・ダイエット中でもOK♡ 低カロリーがうれしい“お豆腐”スイーツレシピ
・上品な甘さが美味しい!メープルシロップで作るおやつ