メディア個別 花粉症の「舌下免疫療法」は8割の受診患者に効果がある。◯か×か? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
花粉症の「舌下免疫療法」は8割の受診患者に効果がある。◯か×か?

花粉症の「舌下免疫療法」は8割の受診患者に効果がある。◯か×か?


できることなら、発症したくない花粉症。その症状が重症であればあるほど、せっかくの春が辛いシーズンになってしまいます。
花粉の飛散前や症状が軽いうちに行う初期療法は、発症を遅らせたり、症状を軽くしたりする効果があります。中でも「舌下免疫療法」は効果が現れやすいんだとか。一体どれくらいの人に効果があるんでしょうか?

Q.「舌下免疫療法はどのくらい効果があるの?

【1】受診患者の約8割

【2】受診患者の約5割

【3】受診患者の約3割




正解は……

【1】受診患者の8割

なんと、舌下免疫療法を受けた患者さんの約 8割の人は症状が楽になり、2〜3割の人は薬が必要なくなるまでに至ったと報告されています。この治療法は約60種類もあるといわれる花粉症の中で、杉花粉の症状にのみ有効。症状が重い人ほどその効果を感じやすいと言われているんです。


自宅で簡単にできる舌下免疫療法ですが、最低2年間毎日続けなければいけないという点で尻込みしてしまう人も。手間と毎春の辛さを天秤にかけて検討しなければいけないようですね。花粉症と決別できるとしたら、あなたはどうします?

(アリシー編集部)