メディア個別 本当に美味しいピザ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.39 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
本当に美味しいピザ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.39

本当に美味しいピザ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.39

「ピザ作りってハードルが高そう…」「ピザを作ったことはあるけれど、納得のいく味にならなかった…」「やっぱりピザはお店で食べるもの…」そんな方におすすめ! ちょっとした工夫で自宅でも簡単で美味しいクリスピー生地のマルゲリータピザが作れちゃうんです。今回はピザ作りの基本を伝授します!

 

ピザは「生地」がメイン

ピザはついつい具材に目が行きがちですが、本場イタリアでは「ピッツァは生地を食べる料理」という考えがあるくらい生地にこだわっています。ちなみにイタリアでピザは「ピッツァ」と呼ばれており、人気のナポリピッツァは専用の薪窯で焼かれ、外はサクッと、中はモチッとした食感が特徴です。

ちなみに日本では薄くてサクサク食感の「クリスピー生地」が圧倒的に人気! サクッとした食感が好き、生地が厚いとすぐにお腹一杯になってしまうけれど薄いとたくさん食べられるから好き、という人が多いようです。

 

ピザ生地は「焼く温度」が命

ピザ生地特有のサクッとした食感は専用ピザオーブンや薪窯だからできることです。薪窯の温度は400度以上。そこにピザを入れたら60~90秒で焼き上がるぐらいの高温だからこそ、あのサクッとした食感が楽しめるのです。

ご家庭のオーブンだと高温でも200~250度が限界。「お店みたいなピザが焼けない…」と、焼き方で悩んでいる方は多いと思います。でもご安心ください! 今回はご家庭にあるオーブンを使ってひと工夫するだけで、誰でも簡単にお店みたいなサクサク♪ クリスピー生地のピザを焼けるコツを教えますよ!

 

マルゲリータのトッピングはモッツァレラとバジルで♪

ピザ(もしくはピッツァ)といえば「マルゲリータ」を思い浮かべる方が多いと思います。今回はクリスピー生地でマルゲリータを作ります。トマトソース、モッツァレラチーズ、バジルと、とてもシンプルな材料です。シンプルだからこそ、少しだけ食材にこだわってほしいと思います。

特にこだわってほしいのはチーズ! 最近ではピザ用チーズというくくりでスライスやシュレッドタイプの加工されたチーズがたくさんありますが、ボール状のひとかたまりになっている「モッツァレラ」を使ってみてください。マイルドな味わいでもっちり食感、とろーり伸びます。生地の香ばしさ、トマトソースの酸味、バジルの爽やかさと相まって最高の仕上がりになりますよ。

 

本格的な「トマトソース」を簡単に!基本のトマトソースの作り方

ピザ生地の相棒ともいえるのが「トマトソース」。せっかくなら美味しいトマトソースにしたい! ピザ作りの前にトマトソースを作っちゃいましょう。今回は火を使わずに電子レンジだけでお手軽にできてしまう絶品トマトソースをご紹介します。

 

【材料(約450g分)】

ホールトマト缶 1缶
玉ねぎ 1/2個
にんにく 2片
Aオリーブオイル 大さじ1
Aコンソメ(顆粒) 小さじ1
A砂糖 小さじ1/2
A塩 小さじ1/2
Aこしょう 少々

 

【作り方】

【材料を切る・混ぜる】
1.耐熱ボウルにホールトマト缶、みじん切りにした玉ねぎ、すりおろしたにんにく、Aを入れて混ぜ合わせる。

2.1にラップをふんわりとかけ、電子レンジ(500W)で8分加熱する。トマトを潰し、全体をざっくりと混ぜる。ラップをして再度電子レンジで5分加熱し、冷まして完成!

【保存】
冷蔵で4日、冷凍で1か月保存可能です。

●このレシピをお気に入り保存する
【レンジ&トマト缶で簡単!】トマトソース

この自家製トマトソースを使って、マルゲリータを作ってみましょう!

 

クリスピー生地がサクサク美味しい!マルゲリータの作り方

 

【材料(1枚・4人分)】

A薄力粉 150g
A砂糖 小さじ1/2
A塩 小さじ1/4
B水 70ml
Bオリーブオイル 大さじ1
モッツァレラチーズ 100g
トマトソース 大さじ4
オリーブオイル 小さじ2
バジルの葉 8枚

 

【作り方】

【こねる】
1.Aをさっと手で混ぜ、合わせたBを少しずつ注ぎながら全体がまとまるまで2分程度こねて生地を作る。
※先に粉類を混ぜることでムラがなくなります。
※イースト菌を使わない発酵不要の生地なのでぬるま湯ではなく水でOKです。

【休ませる】
2.生地をラップで包み、常温で15分寝かせる。
※寝かせることで水分が全体になじみ、均一な仕上がりになります。

【成形する】
3.寝かせた生地をオーブンの天板サイズに切ったクッキングシートの上にのせ、麺棒で3mm程度の薄さになるまで伸ばす。焼いた時に生地が膨らまないよう、フォークで生地全体に穴を空ける。
※クッキングシートの上で成形することでそのままオーブンの天板にのせられるので生地が崩れる心配がありません。
※打ち粉はしなくてOKです。オリーブオイルが入っているのでくっついてしまう心配はありません。

【焼く】
4.生地をクッキングシートにのせたまま天板へ移し、230度に予熱したオーブンで15~18分、焼き色が付くまで加熱する。
※ここがポイント! 先に生地だけ焼くことでサクサクの生地ができます。
※トースターでも焼けます。1200Wで4~5分、もしくは焼き色が付くまで加熱してください。その際は何も下に敷かずに生地だけで焼いてください。大きすぎると扱いにくいので小さいサイズに成形してください。

【トッピングして焼く】
5.焼いた生地にトマトソース、1.5cmの厚さに切ったモッツァレラチーズをのせ、全体にオリーブオイルをかける。230度に予熱したオーブンで5~7分、チーズがとろけるまで加熱する。
※トマトソースが多すぎるとせっかくのサクサク生地がベチャっとなってしまうので控え目がおすすめです。
※オリーブオイルをかけることで加熱した時に高温になり、食材に早く火が通ります。

【盛り付ける】
6.5の上にバジルの葉を散らして完成!

●このレシピをお気に入り保存する
【サクサク♪】クリスピー生地のマルゲリータピザ

 

基本のマルゲリータを作ったらこちらも試してみて!

 

もっちり生地のピザも美味しい!

ほんのりとした甘みがあるモチッとしたピザ生地。レンジで手早く発酵させてちょっとこねるだけなのに風味のある美味しい生地ができちゃいます!

●詳しいレシピはこちら
意外と簡単!ピザ生地

 

もっと本格的なソースを作りたい人は…

トマトの酸味を活かし、香味野菜と動物性の材料でうま味を引き出した絶品万能トマトソースです。
意外と簡単なレシピですが、入れる順番などひと手間で美味しくなります。レストランで出しても納得してもらえる味に仕上がっていると思います。

●詳しいレシピはこちら
コク旨!トマトソース


基本のピザ作り、いかがだったでしょうか。コツさえつかめば簡単に手早くできる料理なのでマルゲリータ以外にもいろいろと試してみてくださいね。春ならアスパラガス、そらまめ、桜えび。夏ならとうもろこし、パプリカ、いか等、旬の食材をトッピングしてみるのもおすすめですよ。

そしてもう一つ、美味しいピザの基本があります! それは…
「焼き立てをすぐに食べること」!

せっかく上手に焼けたのに冷めてしまったら台無しです。サクサク熱々のうちにハフハフと頬張る! 思わず笑顔になっちゃいますよ。早速ピザ作りにチャレンジしてみましょう!


●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
生地作り不要!3ステップでできる食パンピザの作り方
ピザ用チーズのアレンジは無限大!!おかず・おやつ・おつまみと全部使える優秀食材だった!

 

このコラムを書いたNadia Artist

料理研究家・俳優・元寿司職人(アメリカ)/三浦ユーク
https://oceans-nadia.com/user/100026