メディア個別 お刺身以外にも美味しさいろいろ♪まぐろ活用レシピ15選 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
想いを文字にしてみる。
お刺身以外にも美味しさいろいろ♪まぐろ活用レシピ15選

お刺身以外にも美味しさいろいろ♪まぐろ活用レシピ15選

【目次】
1.簡単&豪華見え!まぐろ丼とちらし寿司レシピ
2.血合いも活用♪ユッケやたたきなど簡単おつまみ5種
3.竜田揚げからステーキ、ハンバーグまでまぐろを使ったメインおかず

 

1.簡単&豪華見え!まぐろ丼とちらし寿司レシピ

そのまま食べても美味しいお刺身ですが、ちょっと目先を変えて食べたいときに思いつくのはまぐろ丼やお寿司ではないでしょうか。づけやアボカドと組み合わせたものといった丼のバリエーションやお祝いごとにも活躍しそうなちらし寿司をご紹介。まぐろの特売があった時にもぜひトライしてくださいね♪

 

コクのあるごまだれで♪レタスの食感が美味しいまぐろ丼

ごはんの上にレタス、まぐろ、卵黄をのせて、しょうがやマヨネーズ、ごま油を使ったジンジャーごまだれをかけていただきます♪ 濃厚なタレとトロッとした卵黄が絡んだまぐろに、シャキシャキのレタスが最高の相性です!

●加瀬まなみさんのジンジャーごまだれのコク旨まぐろ丼

 

新玉ねぎで作りたい♪オイスターベースの自家製たれで作るづけ丼

オイスターソース、豆板醤入りのピリ辛のたれで作る“づけ丼”。まぐろと玉ねぎを漬けたらご飯にのせるだけなので簡単です! そのままおかずにしても食べられます。甘みのある新玉ねぎで作ると、さらに美味しさがアップします♪

●長岡美津恵akai-saladさんの中華風鮪の漬け丼

 

アボカドやトマトをプラスしたポキ丼風まぐろ丼

まぐろやサーモン、アボカドを細かく切って和えたハワイのローカルフード・ポキ丼をイメージした海鮮丼。野菜も入っているので食べ応えたっぷり♪ たれはすりおろしにんにく、しょうゆなど家にある調味料で作れます。

●YOSHIROさんの野菜たっぷり!海鮮丼(動画あり)



 

サクを食べやすくカットして作れる♪シンプルなまぐろのづけ丼

お刺身のサクがお手頃で手に入ったときにぜひ試していただきたいレシピ。調味料に短時間漬けてさっぱりと食べても、しっかり漬けて味のしみ込んだ状態で食べても、それぞれ違った美味しさが味わえますよ。

●海老沢 直美さんのまぐろの漬け丼

 

お祝いやひな祭りに♪お刺身でできるちらし寿司

錦糸卵は作らず厚焼き卵にすることで、難易度が高いイメージのあるちらし寿司も簡単に。市販のお刺身などの具材を食べやすくカットして盛り付けるだけで完成し、豪華に見えるのでおもてなしにもぴったりです。

●篠原あい/あいのおうちごはんさんのひな祭り*重箱を使ってできるだけ簡単に作るばらちらし*

 

2.血合いも活用♪ユッケやたたきなど簡単おつまみ5種

肝臓の働きを助けるアミノ酸をたっぷり含むまぐろの赤身は、おつまみにぴったりの食材。居酒屋にまぐろを使ったメニューが豊富なのは、お酒に合うからだけじゃないんです! お手頃に手に入る血合いを活用したレシピを含む、お酒によく合うメニューをご紹介します。

 

とろろと一緒に!まぐろとアボカドの山かけ

山芋は、消化吸収を良くしてれる酵素をたっぷり含んでいます。山かけは、たんぱく質がたっぷり含まれるまぐろと山芋を組み合わせたとても合理的なメニューなんです。まぐろと相性の良いアボカドを組み合わせて。

●崎野晴子さんの手作りタレも美味。マグロとアボカドの山かけ



 

5分で完成する即席おつまみ♪お刺身まぐろと長ねぎのユッケ

お刺身用のまぐろと長ねぎをごま油、にんにくなどと和えて韓国風に味付け。混ぜるだけの簡単ユッケです。このまま海苔で巻いて食べてももちろん、ご飯にのせて刻みねぎや大葉をトッピングすれば、ひと味違うまぐろ丼としても楽しめますよ。

●はっとりみどりさんの【即席1品】まぐろとねぎのユッケ風

 

美味しいサクが手に入ったらぜひ♪お手軽まぐろのたたき

かつおでおなじみのたたきをまぐろでも! まぐろのサクの両面を軽く焼いて、塩と酢を振りかけるだけ♪ 香ばしい焼き目のついたまぐろに薬味をたっぷり盛り付けて。いつものお刺身とちょっと違った美味しさが楽しめます。

●野島ゆきえさんのマグロのたたき

 

まぐろ×納豆で健康効果アップのネバネバ和え

まぐろと納豆はどちらも疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富。さらにネバネバのオクラや梅を使っているので、疲れを癒したい時のおつまみに最適です♪ 夏バテの時期には特におすすめです。

●さっちん (佐野幸子)さんのまぐろとねばねば和え、梅風味

 

実は栄養満点の血合いを活用♪簡単まぐろの角煮

見た目が赤黒く、捨ててしまう人も多いまぐろの血合いですが、実は鉄分などの栄養がたっぷり! 煮すぎると硬くなってしまうので短時間で一気に仕上げるのがポイントです。

●ひなさんのマグロの血合いの角煮

 

3.竜田揚げからステーキ、ハンバーグまで!まぐろを使ったメインおかず

お魚屋さんやスーパーの鮮魚コーナーにはサクや切身、カマなど、色々な形や部位のまぐろが売られていますが、お刺身以外はどう食べたらいいか分からないから…と手に取りにくい方も多いのでは? 揚げ物やステーキ、ハンバーグなど、まぐろを加熱して美味しく食べる方法をご紹介します♪ 生魚は苦手という方にもぜひ試していただきたいレシピです。

 

残ったお刺身救済レシピ♪ねぎだく竜田揚げ

お刺身が残ってしまった…というときにもおすすめのレシピ。たれに漬けたまぐろに片栗粉をまぶして揚げ、ごま油でマリネした長ねぎをたっぷりのせます。ボリュームも出るので、ご飯のおかずにもおつまみにも。

●YOSHIROさんのマグロのねぎだく竜田

 

まぐろのサクを香ばしく焼き上げた簡単ヘルシーなステーキ

リーズナブルなまぐろ赤身のサクも焼くことで断然美味しさアップ♪ サクの表面を香ばしく焼き上げてスライスしたら、甘辛いソースを添えていただきます。お肉よりぐっとカロリー控えめで、食べ応えもばっちりです。

●加瀬まなみさんのまぐろのステーキ

 

さっぱりしていてヘルシー♪まぐろの刺身で作るハンバーグ

お刺身用のまぐろのほか、豆腐、麩、くるみなどヘルシーな食材をたっぷり混ぜ込んだハンバーグ。たんぱく質はしっかり摂れるのにさっぱりしていてカロリー控えめだから、ダイエット中の人やシニアも安心して食べられます。

●清水えりさんの健脳お魚ハンバーグ



 

フライパンで作れます♪まぐろのカマの照り焼き

1本のまぐろから2つしか取れない希少なカマは、脂がたっぷりのジューシーなお肉がたまらない美味しさ。フライパンを使って甘辛く焼いた照り焼きは、ごはんとも相性◎。身をほぐしてお弁当に入れるのもおすすめです。

●レナ♪さんのまぐろのカマの照り焼き

 

お弁当のおかずにもぴったり♪冷めても美味しいまぐろの角煮

キハダマグロの切身を2cm角に切って、オリゴ糖を入れた煮汁でコトコト煮込んだ角煮です。ご飯のおともにも、お弁当のおかずにもなる便利な作り置きおかずに。オリゴ糖は水あめやはちみつでも代用できますよ。

●michoumamaさんのまぐろの角煮

 

お刺身活用で簡単&豪華なおかずを作ろう!
・おかわりが止まらない!漬けサーモンが美味しすぎ!
・いつものお刺身をおしゃれに盛り付け!「カルパッチョ」レシピ
・余った刺身を美味しく消費! 鮮度別★刺身アレンジテク