メディア個別 「つまらないものですが……」は厳禁!? 手土産の渡し方マナー | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
「つまらないものですが……」は厳禁!? 手土産の渡し方マナー
いまさら聞けない! 大人のマナークイズ

「つまらないものですが……」は厳禁!? 手土産の渡し方マナー

職場へのお土産や、友だちの発表会や、上司の新築祝い、甥っ子の入学祝いなどなにかと手土産を渡す機会は多いもの。品物選びにこだわって、いままで渡してきたけれど、そもそも渡し方にも「マナー」があるって知っていましたか?

■渡すタイミング

出会い頭にいきなり渡すのはNG! 一通り挨拶を済ませ、お話しをした後にお渡しするのが一般的。ただ、生鮮食品などは「こちら生もののなので先に冷蔵庫へ入れていただけますか?」など、ひと言添えて先にお渡ししてもOKです。

■渡す時の一言

手土産を渡すときの常套句に「つまらないものですが……」がありますが、欧米文化から見ると「つまらいものを渡すなんて失礼」だと不快に感じるといいます。「つまらないもの」の真意は「誠意を持って選んだものの、立派なあなたの前ではつまらないものに感じてしまいますが」と相手を立てての言葉です。しかし伝わらなければ意味がありませんよね。
「お口に合うと嬉しいのですが」「心ばかりの品ですが、お納めください」などの言葉が無難です。

■品物の正面を相手に向けて

品物を渡す際は袋から出し、いったん自分方へ向けて汚れや破れがないか確認し、時計回りで90度、さらに90度と回し、開いての正面に向けましょう。

■手提げ袋のまま渡さない

お店で入れてもらった袋は「埃よけ」の意味合いがあることを知っていましたか? 入れてきた袋は持ち帰り、袋が必要な場合は販売店から「お渡し用の袋」として未使用のものをもらい、そちらを添えて。
ない場合や袋のままお渡しした方が良いシーンでは、袋の底を手で支え「このままで済みません」とひと言添えるといいでしょう。

仰々しい所作はなんだかおかしいですが、一連の流れをスマートに行えたらステキだと思いませんか。まずは友だち同士からごっこ遊びのつもりで練習し合っても楽しいかもしれません。

(アリシー 編集部)