メディア個別 水っぽい耳アカの人は、どんな耳掃除がおすすめ? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
水っぽい耳アカの人は、どんな耳掃除がおすすめ?

水っぽい耳アカの人は、どんな耳掃除がおすすめ?


耳アカは、粉っぽいカサカサタイプ(乾性耳垢)の人と、水っぽいしっとりタイプ(湿性耳垢)の人に分かれますよね。あなたはどちらですか?(どちらのタイプになるかは、遺伝で決まるそうです。)

カサカサタイプの耳アカは耳掃除も簡単そうですが、しっとりタイプの耳アカは何だか取るのも大変そうな気がします。一体、水っぽい耳アカの場合、どんな耳掃除が適しているのでしょうか。

Q.水っぽい耳アカの人は、どんな耳掃除がおすすめ?

【1】綿棒で優しくこする

【2】竹の耳かきでヘラのようにかき出す

【3】ティッシュで表面だけ拭き取る





正解は……

【2】の「竹の耳かきでヘラのようにかき出す」

実は、水っぽい耳アカに綿棒を使う場合も、粘土状になった耳アカを奥に押し込めてしまうことになるため、竹の耳かきが有効です。「瓶の周りに付いたものをヘラで取る」ようなイメージでかき出しましょう。

竹の耳かきは先端が少し曲がっていて、耳の中に入ってくると恐怖感を覚える人もいるかもしれません。でも、それが逆に良いそうです。『痛くないかな』と神経を尖らせて、そーっと耳掃除するので、綿棒を使った時のように耳の中をガリガリとこすってしまうこともなくなります。


「今まで綿棒を使っていた……」というしっとりタイプの耳アカのあなた。次からは竹の耳かきを使って正しく耳掃除をしてくださいね。

(アリシー編集部)