メディア個別 今キテる!さっぱりとした甘みが美味しい♪「いちご酢」をおうちで作ってみよう♪ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
今キテる!さっぱりとした甘みが美味しい♪「いちご酢」をおうちで作ってみよう♪

今キテる!さっぱりとした甘みが美味しい♪「いちご酢」をおうちで作ってみよう♪

 

作るのも、使うのもとっても手軽!「いちご酢」を作ってみよう

最近話題の「いちご酢」ってご存知ですか? その名の通り、いちごを酢に漬けて作る調味料です。

いちご・氷砂糖・米酢があれば、すぐにでも作れて長期保存も可能なので、いちごが旬の今の時期に作っておくと、旬を過ぎた後でもいちごの味を楽しむことができますよ。

いちごの風味を楽しめるのも魅力的ですが、酢が入っていることで栄養面にもうれしいポイントが。

酢を継続的に摂取することで高血圧を正常に戻す働きがあると言われていますし、食事とともに酢を摂取すると食後の高血糖を抑える働きもあります。また、料理に酢でほどよい酸味を加えると、ほかの調味料の使用を減らすことができるため、減塩やカロリーオフにも繋がるんです。

でも、毎日酢を取り入れるのはなかなか難しいという声も聞こえてきます。

そんな時に活躍するのが「いちご酢」です。いちごの風味や甘みがついているいちご酢は、炭酸水や湯で割るととっても飲みやすい爽やかなドリンクになります。また、料理にも使えるので、日々の生活の中で手軽に酢を摂取しやすくなりますよ。

 

旬のいちごを有効活用!「いちご酢」の作り方

いちご酢の材料は、いちご・氷砂糖・米酢の3つだけ。分量は「1:1:1」の比率で覚えておくと便利です。今回は使い切りやすい分量で作っていますが、大きな瓶で作る場合は比率に従って分量を調整してくださいね。

【材料】
いちご…100g
氷砂糖…100g
米酢…100ml

【作り方】
1.いちごは洗って水気を拭き取りヘタを取り除きます。清潔な保存瓶に、いちごと氷砂糖を交互に入れます。

2.米酢を静かに流し入れます。

3.蓋をして冷暗所で保存します。冷蔵庫でもOKです。ときどき上下を入れ替えるように混ぜると氷砂糖が溶けやすくなります。

4~5日ほどで氷砂糖が溶けたら完成です。保存可能期間は冷暗所で1年ほどですが、小さめの瓶で作って早めに使い切ると安心です。

いちごは1週間ほどで取り除いてください。取り除いたいちごは料理やデザートに使用できるので、捨てないでくださいね。

●詳しいレシピはこちら
『黄金比率のいちご酢』

 

漬けたいちごもしっかり活用!いちご酢を使った簡単レシピ2選

 

豆乳と合わせて爽やかドレッシングに!いちごとチーズのサラダ

いちご酢に漬けたいちご、カマンベールチーズ、ミックスリーフなどで作る即席サラダ。見た目がおしゃれなので春のおもてなしやワインのおつまみにもおすすめです。ドレッシングはいちご酢と豆乳を混ぜるだけの簡単レシピにしました。

いちご酢のさっぱりした甘みと豆乳のまろやかさが、シャキシャキのミックスリーフや水菜によく合う爽やかなサラダです。いちごは米酢に漬けてやわらかくなっているので、口に入れた瞬間にじゅわっととろけますよ。

【主な材料】
いちご酢
いちご酢に浸けたいちご
カマンベールチーズ
豆乳

●詳しいレシピはこちら
『いちごとチーズのサラダ』

 

おやつにもなるヘルシードリンク♪即席ストロベリーラッシー

いちご酢と牛乳を混ぜれば即席ラッシーに。さっぱりとした甘さとサラッとした舌触りなので、朝食時や小腹が空いた時のおやつ代わりに飲むのもいいですよ。いちご酢に漬けておいたいちごを小さくカットして加えると、食感に変化が出て満足感もアップします。甘みをプラスしたい場合は練乳などをちょい足ししても◎。

【主な材料】
いちご酢
牛乳

●詳しいレシピはこちら
『即席ストロベリーラッシー』



簡単に作れるいちご酢をご紹介しました。分量を比率で覚えておくと、瓶の大きさに合わせて作れるので便利ですよ。即席ドリンクはもちろん、漬けたいちごも活用すれば食卓を華やかにしてくれる春のおもてなし料理にも使えますので、ぜひ試してみてくださいね。



●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
疲労回復にも!おかずにもスイーツにも使えるはちみつレモンレシピ
マイルドな辛みがおいしい!「しょうがみりん」がお菓子にもおかずにも使えて便利!

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
管理栄養士 若子 みな美
https://oceans-nadia.com/user/21965