メディア個別 自分らしく晴れ姿を残そう! 「ロケーションフォト」のススメ  | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
自分らしく晴れ姿を残そう! 「ロケーションフォト」のススメ 

自分らしく晴れ姿を残そう! 「ロケーションフォト」のススメ 

2人の幸せな瞬間をカタチに残す「結婚写真」。ウェディングドレスや白無垢を着て、スタジオや結婚式場で撮るのが一般的ですが、近頃では場所にとらわれることなく、さまざまな場所で2人の晴れ姿を残す「ロケーションフォト」が流行っているそうです。

セキララ★ゼクシィが20~30代の女性に行ったアンケートでも「結婚する時は撮りたいと思っている」という人が74%、「結婚する際に撮った」という人が15%と、“ロケーションフォト”を希望する人が多数派でした。
“ロケーションフォト”が人気のワケは?/セキララ★ゼクシィ
スタジオ撮影と違って、より自分たちの思い通りのシチュエーションで撮ることができるのがロケーションフォトの魅力。街中やビーチ、公園、カフェなど、場所は自由です。「結婚式を挙げる予定がないけど、キレイなドレスを着て写真に残したい!」なんて人には最適かも?

もちろん結婚式を挙げる人の中にも、「自分たちらしい結婚写真を残したい!」と思っている人は多いはず。結婚式場では敷地内の庭園などで、結婚式とは別の日程で写真だけ撮影する「前撮り」というサービスを行っているところもあります。 

当日はウェディングドレスを着る予定の人も、これなら和装もしっかり残すことができますね♪

■気になるお値段は?

ウェディング姿でのロケーションフォト撮影のお値段はプランによって1万円くらいのものから高額なものまでさまざまですが、撮影衣裳込みで10万円~15万円もあれば撮れるお店が多いようです。

自分たちらしく演出した人生の晴れ姿を、一生の記念に。結婚写真には、ぜひロケーションフォトを取り入れてみては♪

(目良シンジ+ノオト)

written by

目良シンジ
目良シンジ
駆け出しの新米ライターです。おいしいおコメになれるよう、がんばります。 コピーライター志望でしたが、縁あって混沌たるライターの世界へ。 エンタメ系中心に、足を使い、身体を張り、楽しい情報をご提供できれば。 最近の関心事→広告、書籍(児童書を中心にまんべんなく)、JAZZ ☆応援メッセージお待ちしてます!
この記事へのご意見はこちら