メディア個別 【作り置き連載Vol.10】卵や豆腐にかけておいしい!鶏そぼろあんの作り置きレシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
愛しのサバ缶。
【作り置き連載Vol.10】卵や豆腐にかけておいしい!鶏そぼろあんの作り置きレシピ

【作り置き連載Vol.10】卵や豆腐にかけておいしい!鶏そぼろあんの作り置きレシピ

週末に作り置きしておけば、平日のお弁当や夕食、朝食の一品に使える便利な「作り置きおかず」。そのまま食べても美味しいですが、アレンジして活用すれば2日目以降も飽きずにいただけます。そんな便利な作り置きおかずをご紹介していくこの連載。

●今までの作り置き連載はこちら

今回は寒さが増すこの時期にオススメのあんかけ料理。とろ〜り優しい味わいが体に染み渡る美味しさです。手間のかかるイメージのあんかけ料理ですが、あんだけ作り置きしておけば温めていつもの料理にかけるだけ。

今回は、ヘルシーでさっぱりとした仕上がりになる鶏ひき肉を使ったそぼろあんです。鶏肉のうま味もきいたほっこり味を楽しめます。

 

基本の鶏そぼろあんの作り方

生姜がきいた優しい味わいの鶏そぼろあんの作り方をご紹介します。鍋に材料を入れて煮込み、とろみをつけるだけなので簡単にできますよ!

【材料・作りやすい分量】
A 鶏ひき肉 250g
A 砂糖 小さじ3
A 酒・みりん 各大さじ1
A 醤油 大さじ2
A 水 400ml
A 鶏がらスープの素・生姜(すりおろし) 各小さじ1
B 片栗粉 大さじ1
B 水 大さじ1

【作り方(調理時間5分)】
1.Aを鍋に入れて中火にかけ、菜箸で混ぜながら鶏ひき肉の色が変わるまで火を通す。
Bを混ぜ合わせて水溶き片栗粉を作る。

2.1を強火にかけ、水溶き片栗粉を少しずつ入れ、ヘラで絶えず混ぜながらとろみがついたら中火で2分煮る。

【コツ・ポイント】
・片栗粉はすぐに沈殿してしまうため、鍋に入れる直前に水溶き片栗粉をもう一度混ぜ合わせてから入れるようにしてください。
・水溶き片栗粉を加えたら、とろみがつくまでは絶えず混ぜてください。絶えず混ぜていないとダマになる原因となります。
・とろみがついたら2分ほど煮る事で、冷めてもとろみが持続してくれます。

【保存方法・保存期間の目安】
・保存容器に入れ冷蔵保存で3日

●このレシピをお気に入り保存する
やさしい味の鶏そぼろあん【冷凍・作り置き】

 

かけるだけで本格風!鶏そぼろあんの作り置き活用レシピ

そぼろあんさえ作っておけば、いつもの料理にプラスするだけで贅沢感アップ。鶏そぼろの優しい味わいとマッチするおすすめレシピ2品の紹介です。

 

とろ~りふわふわ♪鶏そぼろあんかけのふわふわ卵丼

優しい味の鶏そぼろあんと、ふわふわの卵が相まって口当たりもよく、とても食べやすい丼物です。あっという間にできるので、お昼ごはんにも。

【主な材料】
鶏そぼろあん

ご飯
大葉

●詳しいレシピはこちら
鶏そぼろあんかけのふわふわ卵丼【アレンジ】

 

寒い日の夕飯おかずに。豆腐の鶏そぼろあん

温めた豆腐に優しい味の鶏そぼろあんをかけるだけなのに、心も身体もホッと温まるおかずに早変わり♪ ご飯おかずはもちろん、お酒のおつまみにもオススメです。身体に優しいおつまみでダイエット中の方にも安心ですね。

【主な材料】
鶏そぼろあん
豆腐
大葉

●詳しいレシピはこちら
豆腐の鶏そぼろあんかけ【アレンジ】

鶏そぼろあんを作り置きにしておくだけで、あっという間に夕飯の一品が完成します。この冬は、温かいあんかけ料理で心も身体もぽっかぽか。ぜひ作り置きおかずのレパートリーに入れてみてはいかがでしょうか。

 

もっと鶏ひき肉を活用しよう!
・定番作り置きレシピに決定!「塩そぼろ」がやみつき&アレンジ自在でスゴすぎる!
・節約食材、鶏ひき肉活用レシピ!パサつかない、ボリュームたっぷりの人気おかず14選

 

このコラムを書いたNadia Artist
 
家庭料理研究家 鈴木美鈴
https://oceans-nadia.com/user/10816