メディア個別 脱・脇役!シャキシャキの歯ごたえと爽やかな香りを楽しむきぬさやを美味しく食べるレシピ15 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
おはよう、今日から朝活。
脱・脇役!シャキシャキの歯ごたえと爽やかな香りを楽しむきぬさやを美味しく食べるレシピ15

脱・脇役!シャキシャキの歯ごたえと爽やかな香りを楽しむきぬさやを美味しく食べるレシピ15

【目次】
1. たっぷり食べてキレイになる、きぬさやを使った定番のおかず
2. 彩りも栄養バランスも整える、作り置きのレシピ
3. きれいなグリーンを活かして!きぬさやのお弁当おかず
4. サラダできぬさやの香りと歯ごたえを満喫!

 

1. たっぷり食べてキレイになる、きぬさやを使った定番のおかず

料理の彩りとして使われることが多いきぬさやですが、実はうま味や栄養がぎゅっと詰まった優秀な野菜。春らしい鮮やかなグリーンと、シャキッとした歯ごたえも魅力です。卵とじや味噌汁などに加えれば、旬の香りや味わいが広がる料理に大変身! 気軽に作れる定番のおかずをご紹介します。

 

シャキシャキのきぬさやがアクセント!高野豆腐のそぼろ卵とじ

出汁が染みこんだやわらかな高野豆腐とふわふわの卵、シャキシャキとしたきぬさやの食感が楽しい卵とじです。高野豆腐は鉄分・カルシウム・良質の植物性たんぱく質など、積極的に摂りたい栄養素がたっぷり。こうしてそぼろ状にすれば小さなお子さんでも食べやすく、食べ応えもしっかりありますよ。

●宮沢史絵さんの高野豆腐のそぼろ卵とじ煮

 

先に茹でて鮮やかさキープ、大根と絹さやの白だしあん

さっぱりとした薄味で野菜がたっぷり食べられるから、味の濃い肉料理などに合わせるのがおすすめ。大根は薄めにスライスしているので調理時間が短めで済むのも嬉しい。きぬさやはきれいなグリーンを活かすため、別茹でにして食べる直前に加えるのがポイントです!

●豊田 亜紀子さんの大根と絹さやの白だしあん

 

具材の食感を楽しむバターコーン味噌汁

ほくほくのじゃがいも、シャキシャキのきぬさや、プチプチしたコーンと、一杯でいろいろな歯触りの違いが楽しめるお味噌汁。味噌汁にバターを足すと、少し洋風になりコクも出て、いつもの味とは違った新鮮な美味しさです。

●柴田真希さんのじゃが芋と絹さやのバターコーン味噌汁



 

野菜のうま味で出汁いらず!新玉ねぎときぬさやの味噌汁

野菜から出るうま味を活かした、出汁を使わないお味噌汁。みずみずしく柔らかい新玉ねぎは火を通しすぎないよう3分ほど煮ます。きぬさやを加えたらさっと加熱して、お味噌を溶き入れるだけ。野菜が主役の引き算レシピで、旬の美味しさをしみじみ味わって。

●山本路子(みるまゆ)さんの新玉ねぎときぬさやの“だしいらず”おみそ汁

 

2. 彩りも栄養バランスも整える、きぬさやの作り置き

忙しい毎日にお役立ちの作り置きおかず。塩茹でしたきぬさやをストックしておき、煮物などに添えるだけでもおかずがパッと引き立ちますね。ここでは、きれいな色を活かしたきぬさやを使った作り置きおかずをご紹介します! 「ちょっと食卓が淋しいな」というときや、野菜不足を感じたときにぜひ食べてほしい3品です。

 

甘めの味付けがご飯に合う!冷めても美味しい炒り煮のレシピ

うま味たっぷりのさつま揚げをきぬさや、にんじんと合わせて少し甘めに味付けした炒り煮。ごま油の香ばしさがポイントです。シンプルな料理だけに、さつま揚げの油抜き、きぬさやの塩茹で、にんじんに火を通しておくなど丁寧な下準備でより美味しく仕上がります。

●豊田 亜紀子さんのさつまあげ・絹さや・にんじんの甘炒り煮 作り置きレシピ 激旨

 

きぬさやのシャキシャキ感が楽しい、さっぱり味のごま酢和え

香ばしいすりごまにさっぱりとしたお酢が効いた、彩りも食感も楽しいおかず。野菜を茹でて、調味料と和えるだけでできあがりです。野菜それぞれの歯触りが楽しめるよう、茹で時間の調整を。おつまみにも、ごはんのおかずにも使えます。

●hiromiさんの絹さやと小松菜とにんじんのゴマ酢和え



 

いつものおかずも見違える!春の香りの切り干し大根

色合いが地味になりがちな切り干し大根も、きぬさややしいたけを加えれば食感の変化も楽しめ、彩り豊かに。いったん冷ますことでしっかりと味が染み込んでより美味しくなるので、作り置きにぴったりです。

●豊田 亜紀子さんの春モードの切干大根の煮物 作り置きにも♪

 

3. きれいなグリーンを活かして!きぬさやのお弁当おかず

見た目も栄養バランスも整った美味しいお弁当は、赤・白・茶・緑の4色のおかずを揃えることを意識するのが大切。その中でも、緑のおかずに適した野菜のひとつがきぬさやです。シャキシャキした食感で口の中もさっぱりするので、こってり味の主菜のときなどは特におすすめ。茹でても炒めても、色が悪くならないよう短時間で調理することを心がけましょう。

 

旬の時期だからこそシンプルに、新じゃがいもときぬさやの炒め物

新じゃがいときぬさやのフレッシュな味と香りが主役! 旬の食材を楽しむためのレシピです。新じゃがいもは水分が多いため、薄めにスライスして炒め、シャキっとした歯触りを活かして。透き通ってきたらスジを取ったきぬさやを加えてさっと炒め合わせます。味付けは塩とこしょうでシンプルに。

●山本路子(みるまゆ)さんの新じゃがときぬさやのシャキシャキ炒め

 

お弁当の強い味方!鶏そぼろの3色丼

今も昔も根強い人気のそぼろのお弁当。そぼろと言えば醤油味のイメージですが、味噌味のそぼろもご飯によく合います。卵は砂糖で甘く味付けしてフワフワに仕上げて。柔らかく甘めのそぼろに、きぬさやのパリッとした食感がほどよいアクセントです。

●松田みやこさんの作り置きやお弁当にも!こども大好き★みそ味鶏そぼろの3食丼

 

ピンク×グリーンでお弁当が華やかに!明太子きんぴら

ちょっとピリ辛でプチプチとした明太子の食感が新しいごぼうのきんぴらです。油を使わずに炒め合わせていくので、とってもヘルシー。作り置きしておけばもう一品欲しい時にも便利ですよ。

●ayuさんの明太子きんぴら



 

うま味たっぷりでごはんが進む、塩豚ときぬさやの炒め物

豚肉に塩をすり込んで作る塩豚の濃厚なうま味が効いた、手早くできる一品。炒め油は使わず塩豚の脂でじっくり炒めていくことで、野菜の甘さも引き立ちます。煮ても焼いても美味しくアレンジ自在の塩豚の作り方も、ぜひ参考にしてくださいね。

●河埜 玲子さんの塩豚とさやえんどうのガーリック炒め

 

4. サラダできぬさやの香りと歯ごたえを満喫!

煮物などの彩りに使われることの多いきぬさやが、今日は主役! ハウス栽培などで1年中手に入ることの多いきぬさやですが、本来の旬は春から初夏にかけて。甘みも増し、歯ごたえもよりシャキシャキとして美味しくなります。旬の時期にたっぷり食べたい、シンプルなサラダをご紹介します。

 

春の香りを存分に。きぬさや×たけのこの白和え

たけのこときぬさやに、なめらかな豆腐の衣をまとわせた、和風サラダ感覚の一品。茹でたにんじんと豆腐をフードプロセッサーで混ぜた簡単和え衣で栄養もたっぷり! 具材はアスパラなどその時期の野菜にアレンジして楽しんでくださいね。

●ナオミさんのにんじんと豆腐で、筍の白和え

 

ごまの風味が引き立つきぬさや×トマトのサラダ

ドレッシングは材料3つを混ぜるだけですぐできる! すりごまたっぷりの和風ノンオイルドレッシングが美味しいサラダです。しょうゆ麹のうま味が、きぬさやの甘みと香りを引き立てて、シンプルながら止まらない美味しさ。

●山本路子(みるまゆ)さんのきぬさやとミニトマトのごまサラダ



 

抜群の相性だからこその一品、きぬさやのアンチョビソース

旬ならではのうま味が凝縮したきぬさやをじっくり味わうレシピ。オリーブオイル、にんにく、アンチョビをじっくり炒めたソースを、茹でたてのきぬさやにかけて。アンチョビの塩気ときぬさやの甘みがマッチした、滋味深い味わいです。

●福岡拓さんの絹さやのアンチョビソース

 

一皿で栄養バランス満点な、新たまねぎときぬさやのサラダ

旬のきぬさやと新玉ねぎに良質なタンパク質を含む大豆を合わせ、ドレッシングにも人参を使った、ビタミンもタンパク質もたっぷりなサラダです。新たまねぎは繊維を断つようにスライスすると、辛味が抜けやすくなります。にんじんのドレッシングは中華風の味なので、他の料理にかけても良さそう。

●河埜 玲子さんの大豆入り 新玉ねぎと絹さやの栄養バランスサラダ

 

 春のサラダで季節を先取り!
・色どり華やか♪「ミモザサラダ」で食卓に春を取り入れて!
・春野菜と相性バッチリ?春を満喫するアボカドレシピ
・煮ても炒めても生でも美味しい!甘い春キャベツを味わい尽くすレシピ