メディア個別 知ってる? 震度とマグニチュードの違い | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
愛しのサバ缶。
知ってる? 震度とマグニチュードの違い
意外と知らない! 〇〇と〇〇の違い

知ってる? 震度とマグニチュードの違い

いつやってくるのか分からないのが自然災害。特に日本は地震大国とも呼ばれ、いつどこが震源地で揺れはじめても不思議じゃないですよね。ところで、地震の大きさを示す単位「震度」と「マグニチュード」の違いをご存じですか。ニュースで言っていたのはどっちだっけ? いざというとき正しく情報を受け取れるように、震度とマグニチュードの違いを覚えておきましょう。

■震度

人が体感する地震の「大きさ」を示すのが震度。地震の「大きさ」とは、規模や震源地との距離、地盤が影響します。日本では気象庁震度階級が用いられ、0〜4、5弱、5強、6弱、6強、7の10階級に分けられています。震度5弱は「大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる」と表されています。

■マグニチュード

地震の規模を表すのがマグニチュード。規模とは、地震動の大きさを元に推定されます。日本では気象庁マグニチュード(Mj)が用いられて、1増えるごとにエネルギーは32倍に。「M8.0」の地震は「M6.0」の約1000倍にもなる、ということです。

マグニチュードが小さくても、震源地との距離が近ければ震度は大きく、遠ければ震度は小さくなります。震度が計測震度計によって自動的に測られるようになったのは1996年から。それまでは気象庁職員の判断で決めていたそう。

また世界ではマグニチュード、震度ともに異なる定義や階級を用いていることも。日本のニュースでは震度に注目していた方が、暮らしている感覚に近そうです。各震度の体感については「気象庁震度階級関連解説表」で調べると、詳しく知ることが出来ますよ。

(アリシー 編集部)