メディア個別 肌の色がもはや粘土!? 女子の老いを感じた瞬間あるある | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
愛しのサバ缶。
肌の色がもはや粘土!? 女子の老いを感じた瞬間あるある
【第4木曜】すれみの女子あるある観察日記

肌の色がもはや粘土!? 女子の老いを感じた瞬間あるある

こんにちは、すれみです。
先日初詣に出かけたところ、神社の階段でめちゃくちゃバテてしまいました。
元々運動嫌いではありましたが、ほんの数十段の石段ごときで息が切れたのには、老いを感じました……つら……。
ということで今回は、「女子の老いを感じた瞬間あるある」をまとめてみました~~~!!

■くしゃみでちびる

股の筋力が落ちたのでしょうか。小さい衝撃でちびるようになりました。(よね?)
そういえば、トイレに行く回数も増えた気がします。代謝が悪くなってきているのでしょうか……。
完全に漏らさないように気を付けましょうね。

■あり得ないくらい、涙もろくなった

「え?こんなので!?」と自分でも驚くようなもので泣いてしまいません?
明らかに感動を狙ったものよりも、誰かが必死でがんばっている姿や、昔もらったなにげない手紙などに涙がこぼれてしまうんですよね。
TV番組だと、王道の動物系はもちろん、「はじめてのおつかい」はヤバいので、私はもう見ないようにしています、逆に。
股も涙腺もゆるゆるですね。

■顔色が年々悪くなっていく

「粘土でできてるのか、私?」と、つい疑問を持ってしまうくらいに、血色の悪い肌になっていくアラサー。いつの間にか、見覚えのないところにシミやホクロができているし。
学生時代はニキビに悩まされていたのに、治ったと思ったらコレですよ……。10代後半~20代前半の一瞬で、良い肌のピークが過ぎていくなんて、悲しい現実ですよね。

■化粧品が増えていく

コスメ集めが趣味とか、もはやそういうことではなく、前述の通り隠すべきものが増えるにともなって増えてしまう化粧品。
ファンデはその日の肌の調子によって変えますし、コンシーラーも必需品です。スキンケア用品も、プチプラなものから高価なものまで試してみるので増えてしまうんですよね。
数年前よりお金に余裕ができたから、というのもありますけどね。

■年下への対応がババアじみてる

まさにババア。

■徹夜できなくなった

厳密に言えば「できない」ワケではないのですが、徹夜すると明らかに仕事の効率が悪くなるし、何よりも疲れが顔に出てしまうんですよね……!
隠しきれないクマとほうれい線がクッキリ出てしまうため、やっぱり徹夜はできません。
オールでカラオケ→学校→バイト、とかやっていた昔が嘘のようですね。

■プリクラにたじろぐ

まず、あのキラキラとした店内に入るところから躊躇してしまいません? 昔はゲーセンの一角にしかなかったプリクラ機ですが、今やプリ専門店がメインですからね……!
いざ撮ろうとなっても、ポーズが決まらない。顔も一発で盛れない。そして整形以上に修正されまくった顔を見て驚き、ラクガキは何を書いたら良いのか浮かばず、名前と日付だけ書いて終わってしまう……。
「あの気軽さはどこへ……?」と思ったのですが、きっと気軽さから私たちが遠のいてしまったんですよね……。

■おわりに

いかがでしたか?
私と同じように老いを感じた瞬間はあったでしょうか?
ちなみに私が一番老いを感じる瞬間は、「アイドルの年齢が自分よりはるかに低いのを知った時」です。悲しいですね。

さようなら。

(すれみ+アリシー編集部)