メディア個別 コンビニがブームの火付け役!? 今話題の「クイニーアマン」とは? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
オトナの引きこもり遊び。
コンビニがブームの火付け役!? 今話題の「クイニーアマン」とは?

コンビニがブームの火付け役!? 今話題の「クイニーアマン」とは?

以前ALICEYでもご紹介した「塩パン」だけでなく、こちらのパンも今話題ですよ。

みなさんは「クイニーアマン」をご存知でしょうか。SNSでも「食べたい!」との声がたくさん上がっています。どれくらい人気かというと、売り切れの店も続出なのだとか。

見るからにおいしそうですね。周りは何かでコーティングされているようです。一体どんな食べ物なんでしょうか?

クイニーアマンは、フランスのブルターニュ地方の伝統菓子。ブルトン語でクイニーは「お菓子」、アマンは「バター」を指します。そんなクイニーアマンは 1860年、ブルターニュのパン屋さんがパン生地にバターを放置したまま溶かしてしまった失敗が始まりだとか。「捨てるのは、もったいない」と感じたパン屋さんが生地を伸ばす→織るを何度も繰り返し、バターと生地を馴染ませて焼いたパンがとても美味しくできあがったのだそう。
ブーム再燃の噂!?フランス生まれの洋菓子「クイニーアマン」とは?/クックパッドニュース
説明を読んでいるだけでヨダレが垂れそう……。バターの風味が豊かなクロワッサンのような食感の焼き菓子のようです。コンビニでも取り扱っていて、食べたよという報告も♪

ファミリーマートでは130円(税込)で販売されているみたい。リーズナブルな値段ですね。

朝ごはんにもおやつにもOKのクイニーアマン。サークルKサンクスでは「ブルターニュ産発酵バター入り」が売りのようです! しかし現在は販売していないようなのでご注意。

セブンイレブンのクイニーアマンはカラメルがたっぷりでリッチな食感♪ 現在は取り扱いがなく、「早く売ってー!!」というファンの声が絶えません。

少し甘めのクイニーアマンはコーヒーとの相性もばっちりです。ローソンでは120円(税込)で発売中。パンコーナーではなく、ローソンドーナツと一緒に売っています♪ こだわりが伺えますよね!

筆者もローソンのクイニーアマンを食べたことがあるのですが、キャラメリゼされた部分のパリッとした食感とデニッシュ生地のふんわりとした食感が同時に楽しめて、幸福度は絶大! しかも大人気のようで、1軒目のローソンでは売り切れでした。

見かけたら即買い推奨の「クイニーアマン」。食べ比べをしてみるのも楽しそう。パン屋さんでも売られていることもあるようなので、探してみてはいかがですか?

(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら