メディア個別 ビタミン&食物繊維の宝庫!キウイできれいになるレシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
2019年、わたし生まれ変わるっ!
ビタミン&食物繊維の宝庫!キウイできれいになるレシピ

ビタミン&食物繊維の宝庫!キウイできれいになるレシピ

【目次】
1. こんな切り方でも楽しめる、キウイの飾り切り
2. 美味しく食べてビタミンチャージ!キウイのデザート
3. 体が目覚める朝食におすすめ!キウイのレシピ
4. 甘酸っぱくて美味しい!キウイを使ったおしゃれ前菜

 

1. こんな切り方でも楽しめる、キウイの飾り切り

キウイを食べる時は、半分に切ってスプーンですくって食べたり、皮をむいて輪切りにしたりすることが多いですよね。でも、ちょっと切り方を変えるだけでかわいくなったり、おもてなしの場面に使えたりするんです! そんな気分の上がる飾り切りの方法やコツをご紹介♪

 

初心者さんにおすすめの飾り切り

キウイの中央部分にギザギザと切り込みを入れて、チューリップのような形に。切り込みを入れたら軽くねじって切り離し、底の部分を少し切り落として安定させましょう。覚えておくと、ゆで卵などにも応用できますよ。

●まこさんの飾り切り❤︎キウイ

 

華やかな、美しいバラの飾り切り

お皿を華やかに彩ってくれる、キウイをバラの花のように切る飾り切り。キウイの皮をむき縦半分に切ったら、2mm幅に薄く切り揃えて斜めにずらし、端からくるくると巻いていけばできあがり。少し熟して柔らかい方が曲がりやすく、きれいに仕上がりますよ。

●若子みな美さんのキウイでバラの花



 

2. 美味しく食べてビタミンチャージ!キウイのデザート

キウイには、抗酸化力のあるビタミンCやEがたっぷりと含まれています。美味しく手軽にビタミン補給ができるなんて、嬉しいですよね! 甘酸っぱいフレッシュな風味ときれいなグリーンや黄色を活かした、デザートレシピをご紹介します。

 

果肉ゴロゴロ、美味しさ長持ちキウイジャム

キウイの風味がぎゅっと凝縮された、柔らかな酸味と優しい甘さが美味しいジャム。さいの目に切ったキウイを煮るときは、砂糖を数回に分けて加えると、しっかりと果肉から水分が出て保存効果が上がります。パンにのせるだけでなく、ヨーグルトにかけて食べるのもおすすめです。

●西山京子/ちょりママさんのキウイジャム

 

フレッシュな味と香りがジューシーな、ゴールドキウイのパウンドケーキ

しっとり、もっちりな食感と、ゴールドキウイの爽やかな甘みがジューシーなパウンドケーキ。焼き菓子は持ち運んでも崩れにくく、持ち寄りパーティーや手土産にもぴったりです。

●めろんぱんママさんのゴールドキウイの簡単フルーツパウンドケーキ

 

おうちパフェにはお好みのフルーツをたっぷりと!

イギリスのデザート、トライフルをバウムクーヘンで簡単にアレンジ。ゴージャスなパフェが、おうちで簡単に作れちゃいます。フルーツを切りそろえたら、生クリームやバウムクーヘンと交互にグラスに盛り付けていくだけ。おもてなしのデザートにも!

●MasterBerryさんのホームパーティーがしたくなる!簡単ゴージャス~トライフル!



 

2色のビタミンカラーがとってもキレイな、キウイのゼリー

グレープフルーツの皮を使った、見た目も楽しいデザート。グレープフルーツの果汁はゼラチンだと固まりにくいので、寒天を使ってしっかり形を作るのがポイント。ビタミンがたっぷり補給できる、うれしいデザートです。

●Bibiさんのビタミンたっぷりキウイゼリー

 

冷凍庫で凍らせるだけの、簡単ヨーグルトデザート

低カロリーながら濃厚な味わいのギリシャヨーグルトに、キウイやブルーベリーを乗せて凍らせるだけ。ダイエット中でも安心して食べられるヨーグルトデザートです。砂糖よりもコクがあって甘さの強いはちみつを使うことで、カロリー控えめでも満足感が高い仕上がりに。

●姫ごはん|和田良美さんの【簡単デザート】キウイとブルーベリーのヨーグルトバーク

 

火を使わずに作れるヨーグルトムース&キウイソース

ふんわりヨーグルトムースはマシュマロと牛乳をレンジで加熱してからヨーグルトと混ぜるだけでできちゃう不思議レシピ。とろりとしたキウイソースもレンジで加熱! 火を使わずに作れる簡単デザートです。お子さんと一緒に作るのもおすすめ。

●すがたなみ(菅田奈海)さんのゼラチン不要のマシュマロムースとフレッシュキウイソース

 

3. 体が目覚める朝食におすすめ!キウイのレシピ

1日の始まりを体に伝えるスイッチでもある朝食。乳製品×キウイは、ビタミンとタンパク質を同時に摂れる朝に最適な組み合わせです。野菜とフルーツたっぷりのジュースやヨーグルト、スムージーなど、忙しい朝でも手軽に作れて美味しいレシピを集めました!

 

朝食のマストアイテム、ヨーグルトボウル

低カロリーなのに、たんぱく質やビタミン、食物繊維やミネラルが豊富なスーパーフード、キヌア。キヌアをシリアルの代わりに使い、さらにヨーグルトのたんぱく質と乳酸菌、キウイのビタミンをプラスして、パーフェクトなヨーグルトボウルが完成です!

●柴田真希さんのパインとキウイのキヌアヨーグルトボウル(ビーポーレン)

 

抗酸化ビタミンACEが全て入った、グリーンスムージー

身体のサビを落としてくれる抗酸化ビタミン、A・C・Eがたっぷりと入っているスムージーです。キウイやアボカド、セロリなどの材料を全てミキサーに入れたら、なめらかになるまで回すだけ。野菜の苦味が苦手な方は、はちみつを加えてセロリは茎だけ使うのがおすすめです。

●緑川鮎香さんの【緑】アボカドのグリーンスムージー

 

身体の中からデトックス!キウイたっぷりグリーンジュース

キウイ、りんご、ほうれん草、パセリを使った、栄養満点なグリーンジュースです。りんごは芯だけを取り皮付きのまま使うことで、栄養も香りも味も逃しません。パセリにはカロテンやビタミン、鉄分などの栄養がたっぷり! りんごの甘みが効いて、とっても飲みやすいですよ。

●ローベジ料理家mihokoさんの食べ過ぎたらこれ。キウイのグリーンジュース

 

バナナも入って食べ応え十分な、フルーツプレート

キウイの爽やかな酸味やトロリとした桃、柔らかなバナナの甘みが楽しいフルーツプレート。ひと皿でいろいろな味が楽しめます。きれいに盛り付けるための切り方も動画で紹介されているので、ぜひ参考に。

●前田直宏さんのキウイ、桃、バナナのフルーツプレート



 

4. 甘酸っぱくて美味しい!キウイを使ったおしゃれ前菜

キウイはそのまま食べたりデザートにするだけでなく、お料理に使うのもおすすめ。たんぱく質を分解する酵素が含まれているので、下味に使うとお肉などが柔らかく仕上がります。ここではきれいな色と甘酸っぱい風味を活かした、おしゃれな前菜レシピをご紹介します!

 

シャキッと身体が目覚める、キウイのサラダ

みずみずしいキウイと夏みかん、トロリとコクのあるアボカドがよく合う、ビタミンたっぷりのサラダです。キウイとアボカドはさいの目に切り、夏みかんは実を取り出します。ボウルに入れたらレモン汁、オリーブオイル、塩で味付けして完成!

●河埜 玲子さんのビタミンたっぷり。アボカドとキウイのサラダ

 

オリーブオイルでまろやかに、きゅうりとキウイの冷製スープ

スペイン料理でおなじみのガスパチョのような、酸味の爽やかな冷製スープ。きゅうりは瓜臭さを抜くために塩もみしてから使いましょう。さっぱりと爽やかな風味で、食欲がなくなりがちな夏の前菜におすすめです。

●築山紀子さんのきゅうりとキウイの冷製スープ

 

対照的な味わいが楽しい、ほたてとキウイのカルパッチョ

爽やかな酸味のキウイが柔らかく甘みのあるホタテを引き立てる、見た目にもおしゃれなカルパッチョ。キウイフルーツは薄い輪切りに、ほたてはそぎ切りにして、交互にお皿に並べます。はちみつやレモン汁などで作ったソースを上からかければ、ほたての白とキウイフルーツの緑が涼やか!

●柴田真希さんのほたてとキウイのカルパッチョ



 

 そのまま食べるだけじゃもったいない!フルーツ活用レシピコラム
・旬のフルーツが主役!秋のフルーツサラダを作ろう
・まるでパティシェ気分!フルーツのかわいい盛り付け方
・ワインのお供にも。フルーツのおしゃれおつまみ