メディア個別 あのkiriチーズまんも再現!? 肉まん・あんまんアレンジレシピ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
愛しのサバ缶。
あのkiriチーズまんも再現!? 肉まん・あんまんアレンジレシピ

あのkiriチーズまんも再現!? 肉まん・あんまんアレンジレシピ

ほかほかと体が温まる中華まんですが、アレンジして食べてもおいしいんですよね。今回は肉まん・あんまんのアレンジレシピにチャレンジしました!

■クリームチーズまん

みなさんはローソンで販売中の「チーズまん」をご存知でしょうか。kiriのクリームチーズを使用した中華まんです。

たっぷりkiriのクリームチーズが入った中華まん。だけど数量限定のため、販売終了してしまった店舗も……。

こんなにおいしいのに、二度と食べられないなんて! そんな筆者は考えた。「そうだ、作ってみたらいいのでは」。

肉まんを半分に切ります。筆者はスーパーなどで売られている冷蔵タイプの肉まんを使いました。コンビニの肉まんを使う場合にはそもそも熱々なので、やけどなどには注意して。

kiriのクリームチーズを埋め込みます。

何事もなかったかのようにぺたっとくっつけます。このままラップでくるんで、電子レンジ600Wで30秒ほどチン。

できあがり〜! ふわっふわの肉まんの中にとろけるクリームチーズ……!

肉が入ってるのもあり、そもそものkiriのチーズまんとはちょっと別物になりましたが、肉+クリームチーズでおいしさは倍増! 濃厚なクリームチーズが口いっぱいに広がります。

クリームチーズを埋め込む時に崩れやすいので、若干見た目がぼろぼろになりますが、チーズ好きにはぜひ試してみて欲しいアレンジ。

ここに、さらにはちみつをかけると、甘じょっぱくてまた絶品だそうですよ!

■バター焼きあんまん

次に、「人生ダメになるほどおいしい」「悪魔の食べ物」と話題になっていた「バター焼きあんまん」にもチャレンジ。

フライパンにバターを溶かして……。

あんまんを焼くだけ。片面が焼けたらひっくり返して、もう片面も焼きます。両面焼けたらできあがり。

おおお〜、良い色。

外側はカリカリ、中はふんわり。ほんのり香るバターはあんこと相性バツグン! これはやみつきになる……。まさかバターで焼くだけでこんなにスイーツ風になるとは。

せっかくなので「バター焼き肉まん」も作ってみました。焼くときにヘラで押したら、信州のおやきみたいになりました。

見た目もこんな感じ。ぺちゃんこです。

バター味はもちろん、そもそも肉まんって焼くとおいしいんですよね……。バター焼きあんまんほどの感動はないものの、「焼いても良いかも!?」と思うくらいにはおいしかったです。

■あんまんがごま団子に!?

バター焼きあんまんの派生、それが「ごま油焼きあんまん」。作り方は一緒で、バターの代わりにごま油であんまんを焼くだけ。

こんがり〜! とにかくごま油の良い匂いがします。

切る時に感じたのが、バター焼きあんまんよりも表面がカリッカリ。サクッとした切れ味に期待が持てる……!

そして実食した第一声、「これは……ごま団子なのでは!?」

香ばしいごまの匂いと風味、カリッとした食感。やさしいあんこの味わいが混じり合って、まさにごま団子。あんまんのアレンジをしていたはずなのに、いつしかごま団子ができていた衝撃……。バター焼きあんまんは洋菓子風、ごま油焼きあんまんは和菓子風。恐るべし、あんまんのアレンジ。


中華まんの可能性は無限大……。この冬はほかほか温かい中華まんアレンジで、お腹を満たしてみてはいかが?

(伊東ししゃも+アリシー編集部)