メディア個別 みんなで暖をとるカピバラたちがかわいすぎる! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
私の30歳。
みんなで暖をとるカピバラたちがかわいすぎる!

みんなで暖をとるカピバラたちがかわいすぎる!

まだまだ冬本番。厚着をしたり暖房を入れたりなど、寒さ対策は必須ですよね。でも寒さに耐えているのは、実は人間だけじゃないのです……。

こちらは熊本県の「阿蘇ファームランド ふれあい動物王国」の公式Twitter。ストーブでぬくぬく温まっているのは、なんとカピバラ!

カピバラたちはストーブが大好きな様子。ぎゅうぎゅうに集まって暖かそうですね。

南米の動物なので寒いのは苦手です。寒い日にはギュッと固まり身を寄せ合って寒さをしのぎます。
カピバラの習性/伊豆シャボテン公園

ついていないストーブにみんなで集合してしまうこともあるみたい。

一方、「伊豆シャボテン公園」には、カピバラが入る露天風呂があるんだとか。見てください、この幸せそうな顔。4月5日までカピバラたちは温泉に浸かれるそうです。

当時カピバラたちは冬の間は冷たい水の中に入ることができず、春がやってくるのを身を寄せ合って待ちわびて過ごしていました。
1982年、冬のある日のこと。たまたま飼育員がお湯で展示場の掃除をしていた時、小さなお湯だまりにカピバラたちが集まって手足やおしりをつけて気持ちよさそうにしている姿を発見!
これを見た飼育員は考えました…。
「寒くて大好きなお水には入れないけど、暖かいお湯になら入ってくれるかもしれない!」ということで、池にお湯を入れてお風呂を作ってあげるとカピバラたちは喜んで入浴してくれたのです。
元祖!カピバラの露天風呂ヒストリー/伊豆シャボテン公園

カピバラを思う飼育員さんのやさしさが露天風呂には詰まっているのですね。

ちなみに年末年始には、期間限定で「ゆず湯」を開催していたのだとか。うらやましい~!

(マッハ・キショ松+ノオト)

written by

マッハ・ キショ松
マッハ・ キショ松
気がついたらとんでもない名前になってしまい、親に仕事を教えられないWebライター。さえない顔のせいで、小学生の頃から「予備校生っぽい。受験勉強そっちのけで、珍しい虫とか調べてるでしょ」と言われ続けています。ちゃんと自己紹介しても「囲碁が得意」「ほっけの塩焼きが好物」「学校でフォークダンスを踊ったことがない」と勘違いされてしまうのが残念。本当は、将棋とおくらが好きです。
この記事へのご意見はこちら