メディア個別 カニ雑炊の時代は終わった。これからは「超ブイヤベース」!! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
2019年、わたし生まれ変わるっ!
カニ雑炊の時代は終わった。これからは「超ブイヤベース」!!
5歳めし

カニ雑炊の時代は終わった。これからは「超ブイヤベース」!!

こんにちは5歳です。Twitterで嫁との生活についてツイートしていたら「お嫁さんの恐ろしい所と、甘えん坊な所のギャップが可愛い!」と話題になり、ついにフォロワー数13万人を突破しました。

ツイートが原作になった漫画も発売され、今Twitterで一番乗りに乗っているアカウントです。主に嫁と2人の愛すべき息子たちについて呟いたり、時々コラムを書いたりしています。

アリシーでは、僕と嫁のご飯を介したやりとりを交えながら、とびきりおいしいレシピをご紹介します。さて、今日のご飯は……。


■正月と言えば!

みなさんは年末年始、おいしいもの、たくさん食べていますか?
僕はめっちゃ食べてます!! 寿司、すき焼き、天ぷらそば、うなぎ……言い出したらキリがありません。毎年必ず3キロは太ります。

その正月のおいしい定番料理の中でも、特に正月にこそ! 食べるものってありますよね?? じゃあみんなで声を合わせて言ってみましょう。正月に食べる特別なものは? せーのっ!!!!

「カニーーーーーーーーーーーーーーー!!」

そうカニです。みんな大好きカニさんです(甲殻類アレルギーの方はごめんなさい)。
我が家もみんなカニ好きで、特に7歳の長男はカニを食べている時が一番幸せそうな顔をしています。

そんなカニですが、食べ方も色々楽しめて良いんですよね。
カニ鍋、カニ雑炊、カニしゃぶ、刺身も最高!! 焼きガニなんかも日本酒にぴったり。でもやっぱりなんだかんだ言って「カニ鍋」からの「カニ雑炊」が王道な食べ方ですよね!

はい! いきなりですがなんの変哲もないカニ鍋です。おいしそうでしょ? ぶっちゃけめっちゃおいしいです。

土鍋に水を張ったら昆布を入れてダシを取る。沸騰したら昆布を取り出し、野菜(大根、ニンジン、白菜、ネギ)を投入。酒もじゃぶじゃぶ入れる。蓋をして10分煮込んだらカニを投入。
カニの身が毛羽だったらポン酢をつけて食べましょう。どう適当に作ったって上手くできるから!

そしてこれがカニ鍋を食べ終わった状態。我が家は、カニの殻は鍋に残すタイプです。

そして今回のレシピはここから始まります。普通だったらこのあとカニ雑炊にしますよね? だけど今回は雑炊のルートからハズレてみたいと思います。

さっきの鍋の中身をザルでこしてスープだけ取ったものです。
はっきり言ってこの時点で極上のスープですが、これをさらにおいしくしていきますよ!

■超簡単! カニ鍋のあとの「超ブイヤベース」!!

<材料(4人分)> ※今回は多めに作りました!
・ダシ汁       600ml
・ニンジン      1本
・セロリ       1本
・玉ねぎ       1個
・ニンニク      2片
・ローリエ      1枚
・有頭エビ      10尾
・シーフードミックス 100g
・白ワイン      400ml
・トマトホール缶   2缶
・顆粒コンソメ    大さじ1
・サフラン(あれば) 1つまみ

1.まず野菜を小さく切ります。セロリは斜めにスライスしてください。葉の部分は仕上げに使うので取っておきましょう。

フードプロセッサーを持っている方は、野菜をペースト状にしちゃってもOK。そうするとトロトロの、よりブイヤベースっぽい仕上がりになります。
蓋を閉めて中火で10分煮ます。

2.トマトホール缶を入れます。トマトはへらでつぶしましょう。

3.コンソメ、有頭えび(ひげは取り除く)、シーフードミックス、ローリエ、(あればサフラン)、白ワインを入れます。蓋を閉めて中火で5分。

「超ブイヤベース」のできあがり!

取っておいたセロリの葉っぱを刻んで乗せると◎。

ただでさえおいしいカニのだしが出ているのにも関わらず、さらに魚介を入れて「追いブイヤ」をしたこのスープ……おいしくないはずがない!!
僕はこのあとバターを少し入れたり、味噌を加えたりして味を変えてみました。それもおいしかったですよ。

ブイヤベースと言えば、長男がこないだ行ったレストランで、はじめて食べたブイヤベースにめちゃくちゃ感動していて「ねえパパ、おかわりないの? おかわり!!」と聞いてきたほど。なので今回は長男に味見をしていただきました。

はい、どうぞとブイヤベースの入った器を息子に手渡すと、慎重に受け取って、フーフーと冷まして、スススッと飲む。「…………パパ、これおかわりある?」

これが最近の僕の料理の合格判定です。今回は無事合格しました。

アリシーグルメ部
アリシーグルメ部
アラサー女性が自分らしい生き方を見つけるためのWebメディア「アリシー(@aliceynews)」のグルメアカウント。時短レシピや簡単レシピ、ネットで話題のバズグルメ、便利なキッチングッズなど、日々の食事が楽しくなる情報をお届けします。今日のごはんは何にする?自分の「好き」を見つけてみて。
アリシーグルメ部@alicey_gourmet

(5歳+アリシー編集部)