メディア個別 第13回 ケンカが多くても一緒になって平気? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
第13回 ケンカが多くても一緒になって平気?
【隔週日曜】婚活サバイバー

第13回 ケンカが多くても一緒になって平気?

『女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋』や『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』など、著書を多数出版し、Twitterフォロワー数は計30万を越える謎の主婦・DJあおいがアラサー女性の恋愛や婚活に関する悩みに回答!

今回の悩みは「彼氏はいるけど、いつもケンカばかり。そんな相手と、結婚してもうまくやっていけるのでしょうか」。


ケンカが多い相手と結婚しても大丈夫?

これは常々言っていることなのですが 『愛し合う』 とはつまり 『話し合う』 と同義です。

話をするにあたって最も大事なものは口ではなく耳、相手の話を素直にインプットすることができる耳がなければ話は成立しません。

自分の言いたいことを言えるかどうかではなく、相手の言いたいことを聞けるかどうか。その人の話を受け入れることが 『愛する』 ということであり、それをお互いができて 『愛し合う』 になるわけですね。

そんな話し合いの対極にあるものが 『喧嘩』 になります。

聞く耳を持たない同士の、言いたいことをぶつけ合うだけの喧嘩で意思疎通はできません。

日頃の鬱憤を罵詈雑言に乗せてアウトプットするだけでは、一時的にスッキリはするのかもしれませんが、根本的な解決にはなっていないのでまた同じストレスを溜めて、定期的に喧嘩で発散するしかなくなってしまうのです。

喧嘩では何も変えることはできないし、意思疎通もできないし、何も解決できないということ。

喧嘩というものは多大なエネルギーを消費するわりには無力なものなんですよ。

全ての喧嘩は話し合いの欠如から生じるものなり。

つまり愛し合うことができていないから喧嘩になってしまうものであり、喧嘩の多い関係というものは単純に愛し合うことができていない関係なんですよ。


喧嘩は言い合うもの。
話し合いは聞き合うもの。

喧嘩は変化を拒絶し合うもの。
話し合いは変化し合うもの。

喧嘩は勝ちを奪い合うもの。
話し合いは勝ちを譲り合うもの。

喧嘩は否定し合うもの。
話し合いは肯定し合うもの。

喧嘩は意見をぶつけ合うもの。
話し合いは意見を引き出し合うもの。

喧嘩は感情でするもの。
話し合いは理性でするもの。

喧嘩は我慢を強要するもの。
話し合いは我慢をさせないためのもの。

喧嘩はお互いが自分のためにするもの。
話し合いはお互いがお互いのためにするもの。

喧嘩は言ってはいけないことを言ってしまうもの。
話し合いは言ってはいけないことは決して言わないもの。

喧嘩は話し合いの欠如から生じるもの。
話し合いは愛し合うことで生じるもの。


喧嘩は確実にその関係を消耗させていくものです。

喧嘩するほど仲がいいなんてことはありません。

お互いを大事に扱えない関係になったら、その関係はもう終わりです。