メディア個別 “きれい”は作れる。テクニックいらずで簡単な写真加工アプリ3選 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
2019年、わたし生まれ変わるっ!
“きれい”は作れる。テクニックいらずで簡単な写真加工アプリ3選
スマホで撮れる“テーブルフォト”

“きれい”は作れる。テクニックいらずで簡単な写真加工アプリ3選

こんにちは、とみこです。
私はカフェ巡りや料理が好きで、都内のカフェや、家で作った料理などをTwitterで発信していたら、フォロワー1万人を突破しました。

以前こんなツイートをして以来、「勉強になった!」「こんな写真を撮りたい」と声をいただくようになり、今ではnoteで写真を撮るコツも発信しています。

私はSNSプランナー、ライターという仕事柄、自身で写真を撮ることも多いのですが、一眼レフを使わなくてもちょっとしたコツをつかむだけで、素敵な写真を撮ることができる……そんな風に思っています。

そんな思いを込めて、この連載をスタート。みなさんの写真を撮るひとときが、もっと楽しくなるといいなと思っています。


私は写真や動画の加工アプリを50個くらいスマホに入れているのですが、その中でもよく使う写真のアプリはこの9つ。

そして、その中でも特にテクニックいらずで簡単で、おしゃれな写真に仕上がる3つのアプリをご紹介します!

■Instagram

写真の加工アプリの先駆けでもある「Instagram」は、フィルターをかけるだけで簡単に雰囲気のある写真に仕上がるところが魅力的ですよね。私は青みのある写真が好きなので、インスタのフィルターだと「Clarendon」をよく使っています。

でも、加工のためだけにインスタに写真をアップするのはちょっと避けたい……。そんな時は、スマホを機内モードにして写真をアップロードすると、写真を公開せずにカメラロールに保存することができます。

■VSCO

インスタグラマーの方にもユーザーが多い「VSCO」も、使いやすくておすすめのアプリです。フィルターの種類が豊富なだけじゃなく、どのフィルターもフィルムカメラで撮ったような空気感があって、エモい雰囲気を演出することができるのも魅力的。

私は青みを出したい時はInstagram、少し彩度が低めで雰囲気のある空気感を作りたい時はVSCOを使っています。

■Big Lens

iPhoneで写真を撮る時に、ポートレートモードをよく使うのですが、「Big Lens」があればポートレートモードがなくても大丈夫! 背景をキレイにぼかすことができるので、雰囲気のある写真に仕上がります。

操作方法も簡単で、ぼかしたい背景の部分を指で塗りつぶすように選択するだけ。ぼかす強さも5段階から選ぶことができるので、自分の好みに合わせたボケ感を楽しめます。


クリスマスや年末年始は、写真を撮る機会も多いもの。
1年の締めくくりに素敵な思い出を写真に残して、記憶に残る平成最後の12月を過ごしてみてください。

アリシーグルメ部
アリシーグルメ部
アラサー女性が自分らしい生き方を見つけるためのWebメディア「アリシー(@aliceynews)」のグルメアカウント。時短レシピや簡単レシピ、ネットで話題のバズグルメ、便利なキッチングッズなど、日々の食事が楽しくなる情報をお届けします。今日のごはんは何にする?自分の「好き」を見つけてみて。
アリシーグルメ部@alicey_gourmet

(とみこ+アリシー編集部)