メディア個別 本当に美味しいレアチーズケーキ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.15 | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
忘れられないキス。
本当に美味しいレアチーズケーキ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.15

本当に美味しいレアチーズケーキ|何度も作りたい定番レシピシリーズVol.15

しっとりと濃厚な味が魅力のレアチーズケーキ。ベイクドチーズケーキやスフレチーズケーキはオーブンが必要ですが、レアチーズケーキは材料を混ぜてゼラチンで固めるだけで作れるお手軽スイーツです。

材料を混ぜてゼラチンで固めるだけでできるので、難しい工程もなく手軽に作る事ができ、お菓子作り初心者さんにもおすすめです。

また、基本のレシピを覚えればフルーツなどを加えることで様々なアレンジができるので、ぜひともマスターしておきたいスイーツの一つです。

お手軽に作れるレアチーズケーキですが、美味しく作るには少しポイントがあります。作り方と併せてポイントを詳しくご紹介します。

 

実は簡単!しっとり濃厚レアチーズケーキの作り方

【材料】(直径15㎝の底が抜ける丸形1台分)
ビスケット…70g
無塩バター…30g
クリームチーズ…200g
グラニュー糖…60g
プレーンヨーグルト…100g
レモン汁…大さじ1
生クリーム…150ml
粉ゼラチン…5g
水…大さじ2

【下準備】
水に粉ゼラチンをふり入れてふやかしておく。
クリームチーズは室温に戻しておく。

【作り方】

1.ボトムを作る。
袋にビスケットを入れて、袋の上からめん棒でたたいて細かく砕く。

無塩バターを耐熱皿に入れて、電子レンジ600Wで約40秒加熱して溶かす。
それをビスケットに加えて、袋の上からもんでなじませる。
ケーキ型に入れて、ラップをかぶせて上から手でぎゅっと押さえて平らにする。
冷蔵庫で冷やしておく。

ビスケットの砕き方が粗いと、切った時に土台が崩れてしまうことがあるので、しっかりと細かく砕くことがポイントです。

2.ボウルにクリームチーズを入れて泡だて器でなめらかになるまで混ぜる。
グラニュー糖を加えて更に混ぜて、ザラザラ感がなくなればプレーンヨーグルト、レモン汁を順に加えて混ぜ合わせる。

クリームチーズを室温に戻しておくことで、他の材料を混ぜやすくなり、なめらかな仕上がりになります。

3.生クリームを別のボウルに入れて、氷水にあてながら7分立てにする。
生クリームを泡立てることで、空気を含み軽い食感に仕上がります。

4.ふやかしたゼラチンに2の生地を少量加えて、電子レンジ600Wで約30秒加熱して溶かす。

ゼラチンに生地を少し加えて混ぜることで生地に混ぜ込みやすくなり、ゼラチンがダマになるのを防ぐことができます。

5.2に加えて混ぜ合わせて、こし器でこす。こすことでより滑らかな食感に仕上がります。

3の生クリームを2回に分けて加えて、その都度ゴムベラで底から大きく返すように混ぜ合わせる。

6.1のケーキ型に流し入れて、表面を平らにならす。
冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。
型から取り出して、切り分けていただく。

ケーキ型から取り出すときは温めた布巾を型の周りにあてて少し温めるとすっときれいに型から外すことができます。濃厚に仕上げるには生クリームは脂肪分が高めのものを使用するのがおすすめです。

このレシピをお気に入り保存する
●『レアチーズケーキ』

 

濃厚レアチーズケーキに合わせたい!簡単ベリーソースの作り方

シンプルなレアチーズケーキには甘酸っぱいフルーツソースが良く合います。ラズベリーやブルーベリー、マンゴーなどお好みのフルーツソースを合わせてみてください。フルーツソースを添えると見た目も華やかになりますよ。

こちらは冷凍ラズベリーを使って作る甘酸っぱいフルーツソース。チーズケーキだけでなく、パンケーキやアイスクリームにもピッタリです。

レシピはこちら
●『ラズベリーソース』

 

アレンジも楽しめる♪手作りレアチーズケーキを楽しもう

ご紹介したレシピを基本にフルーツを混ぜたり、ミルクティー風味にしてみたり、チョコレートを混ぜてもっと濃厚にしたりと様々なアレンジをする事ができます。ぜひ基本の作り方をマスターして、いろんなアレンジを楽しんでみてくださいね。



●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
材料4つでできる!瞬溶け「生スフレチーズケーキ」の作り方
お家で楽しむ!焼きチーズタルトを作ってみよう


 

このコラムを書いたNadia Artist

フードコーディネーター 松井さゆり
https://oceans-nadia.com/user/40170