メディア個別 2019年春の花粉は6割増し!? 飛散前からできる初期療法とは | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
さよなら、平成。私も前に進むよ。
2019年春の花粉は6割増し!? 飛散前からできる初期療法とは
知っておきたい病気・健康のはなし

2019年春の花粉は6割増し!? 飛散前からできる初期療法とは

花粉症の皆さん、大変です。

気象情報会社ウェザーニューズから、2019年春の花粉飛散量が、例年よりも大量になるという恐るべき予測が発表されました。どうやら、2018年夏が酷暑となったことに理由があるらしいのです。

花粉飛散量が大幅に増加する謎や、大量飛散の直前でも対策できる花粉症の初期療法について、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに聞きました。

■日射量が多いとスギの花が大量発生する!

──夏が猛暑だと、翌年の花粉飛散量が増えるのはなぜですか?

「日射量や降水量がスギの雄花の成長に影響するためです。スギの雄花は7月ごろから秋にかけて成長しますが、夏によく晴れて日射量が多いと雄花が大量に作られ、翌春には花粉が大量に飛散することになります。逆に、曇りや雨の日が多く日射量が少ないと、雄花の数も花粉飛散量も少なくなるのです」

──花粉が大量飛散する年は、それまで花粉症とは無縁だった人も発症しやすくなりますか?

「花粉症の発症には、その年の花粉飛散量と免疫バランスが関係しますので、これまで平気だった人も発症する可能性は高まりますね」

■初期療法なら、花粉症を遅らせる・軽くすることができる!

──考えるだけで恐ろしい事態ですね。何か事前に対策はできないのでしょうか?

「『初期療法』という方法があります。1月末から2月上旬ごろまでの、花粉の飛散前や症状が軽いうちに治療を始めることで、発症を遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性があるのです。

花粉が飛ばない6~11月ごろなら、身体に花粉のエキスを投与して症状を和らげる『舌下免疫療法』が最も有効なのですが、花粉飛散が始まる1月からは初期療法を行うべきだと考えます」

──どのような治療を行うのですか?

「抗アレルギー薬を内服するか、点鼻薬を用います。どの薬を処方するかは患者さんの症状次第で医師が決めますが、内服薬を処方する場合が多いですね。

症状がない、もしくは軽い状態で薬を投与するため、多くの場合は1つの薬のみ使用することになります。抗アレルギー薬の1つである抗ヒスタミン薬は眠くなってしまう人もいますが、最近の薬は眠気の出ないものが多くなっているので、比較的飲みやすいでしょう」

■薬は飲み続けること。マスクでの対策も必要

──症状が軽くなったと思ったら、内服をやめて良いのですか?

「症状が緩和されても、治ったわけではありません。花粉シーズンの間、内服を続けてください。

なお、完治したわけではないため、薬を服用していても、マスクなどの花粉防止対策は必要です。隙間ができないよう、自分に合ったサイズのマスクを選び、鼻のワイヤー部分をしっかりと密着させ、プリーツを顎の下まで伸ばして使ってください。マスクを着けたら表面は触らないように。一度使用したものは再利用せず、使い捨てにしましょう。

マスクは正しく使えば、吸い込む花粉量を3分の1から6分の1ほどに減らすことができ、鼻の症状も軽くできますよ」


日に日に迫る花粉シーズンを前にして、「今年も花粉を受け入れるしかないのか……」と諦めていた人は、初期療法を試してみるのも手です。気になった人は、早めにお医者さんに相談してみてくださいね。

(五十嵐綾子+アリシー編集部)