かわいすぎて食べられない!? 大根おろしアートが昨年よりパワーアップしていた!

かわいすぎて食べられない!? 大根おろしアートが昨年よりパワーアップしていた!

た、食べられない(*´∀`*)ポッ
昨年、ネットでアップされて衝撃と感動を呼んだ大根おろしアート。
「きみまろっく」さんが作ったこの白くまを見た時の驚きは忘れられません。このアイディアに賛同した人が次々に新作を投稿して今や一大ブームとなりましたね。
今年に入ってからは、大根おろしアートの料理本が出たり、なんと外務省の公式Twitterでも取り上げられたりもしています。
さて、そろそろお鍋のシーズン。今年もたくさんの作品がネットでアップされていますが、たった一年でここまで進化するの!? とビックリ!

昨年よりパワーアップした最新大根おろしアート、ぜひともご覧ください!

■「アナと雪の女王」のオラフ

オラフ♡#オラフ #大根おろしアート

@keik_1022が投稿した写真 -

今年の大ヒット作「アナと雪の女王」から雪だるまのオラフが登場。映画の内容通り、鼻がニンジンなところがナイス! 今にも歌い出しそうな表情がいいですね。

■「ベイマックス」のベイマックス

ピクサーつながりで、最新作「ベイマックス」が早くも大根おろしアートになっちゃいました。日本人が活躍する内容なので、和の雰囲気もピッタリ。心地良さそうな顔のネコがいい味を醸しています。

■焼き魚を抱えたネコ

同じネコでもこちらは超リアル!まるで本物の猫が魚を食べているみたい。かわいいのはもちろん、あまりにも精巧すぎてお箸を付けづらい……。

■ごろんと横たわるアライグマ

リアルで愛くるしさ満点のアライグマ。まるでお風呂につかってノンビリしているような姿が、心をホッコリさせてくれますね♪

■「エヴァンゲリヲン」の初号機

豆腐を使って格納庫の壁を模し、L.C.L(パイロットが搭乗した際、コックピットに満たされる液)を表現したスープ。世界観を完全再現してしまった大根おろしアートに脱帽です。

■煮込まれるふなっしー!?

最後の最後にシュールなものを。煮込まれているふなっしーからは、「熱いなっし~!!」と叫び声が聞こえてきそう。

年々、奥が深くなっていく大根おろしアート。大根おろしの水気をしっかり切ってパーツごとに組み立て、しょうゆやポン酢で色を付けるのが基本の作り方です。

意外に簡単に作れるみたいなので、今年の冬はみなさんもチャレンジしてみてはいかが?

(宇井樹美+ノオト)

関連記事