メディア個別 【OZ限定でご招待】恵比寿ガーデンプレイスにバカラのシャンデリア登場。世界初のバカラシャンパンバーも | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
【OZ限定でご招待】恵比寿ガーデンプレイスにバカラのシャンデリア登場。世界初のバカラシャンパンバーも

【OZ限定でご招待】恵比寿ガーデンプレイスにバカラのシャンデリア登場。世界初のバカラシャンパンバーも

昼も夜も麗しい世界最大級のバカラシャンデリア





上/世界最大級のバカラシャンデリア「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」 下/昼間のバカラシャンデリア

2018年のバカラシャンデリアは、高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8472ピース、ライト総数250灯と、シャンデリアとしては世界最大級を誇る珠玉の逸品。この250灯は、約70人の熟練した職人の技を凝らし、5380時間=約7カ月半もの長い時間をかけて制作したのだとか。高級感のある特別なシャンデリアケースに入り、恵比寿ガーデンプレイスを行き交う人々を見守る。

その華麗さに思わず息を呑む夜の姿に、クリスタルの繊細さが際立つ昼の顔。見る場所や時間帯によって印象が変わるのも、このシャンデリアの興味深いところ。会場内には、そんな様々なシャンデリアの姿を撮影できるフォトスポットを設置している。実際のスポットは、後日公式ホームページにて場所を公開予定なので、会場に足を運んでぜひ探してみよう。



美しいシャンデリアに乾杯。バカラのグラスでシャンパンを





バカラシャンデリアを前に、バカラのグラスでシャンパンがいただける

12月25日(火)までの期間限定で、恵比寿ガーデンプレイス センター広場には「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」もオープン。こちらは、バカラの世界観を見て・触れて・飲んで堪能できる、期間限定のシャンパンバー。インテリアデザイナーのジャック・グランジュがデザインしたクリスタルタイルのバーカウンターを設置している。

いただけるのは、フランスを代表するシャンパーニュのグランメゾン「テタンジェ」(1杯1500円)。もちろん提供は、美しいバカラのグラスで。バカラシャンデリアに照らされながら乾杯できるバーで、格別な1杯を楽しんで。



エリア一体がシャンパンゴールドに。クリスマスツリーも





上/恵比寿ガーデンプレイスのウィンターイルミネーション 下/ヒュッテ(山小屋)が立ち並ぶクリスマスマルシェ

バカラシャンデリアのあるセンター広場だけでなく、2019年2月28日(木)までは恵比寿ガーデンプレイスの他エリアでもライトアップを楽しめる。シャンパンゴールドを基調とした約10万球もの明かりが、恵比寿ガーデンプレイス一体を美しく照らすさまは壮観。

時計広場では、12月25日(火)まで約10mのクリスマスツリーが登場。赤色を中心としたオーナメント装飾で、ムードたっぷりの輝きを放つ。また、クリスマスマーケットをイメージしたヒュッテ(山小屋)が立ち並ぶクリスマスマルシェも開催。クリスマス雑貨の販売や、マリオネット作家・オレンジパフェによる個展が行われる。

あちこちがイルミネーションできらめき、歩いているだけで心ときめく冬の恵比寿ガーデンプレイス。彼や大切な人を誘って出かけてみては。



この記事の詳細データや読者のコメントはこちら