メディア個別 材料は2つだけ! 秋のスイーツ、スイートポテトを作ろう | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
材料は2つだけ! 秋のスイーツ、スイートポテトを作ろう

材料は2つだけ! 秋のスイーツ、スイートポテトを作ろう

食欲の秋、到来! 秋の味覚はたくさんありますが、やっぱりさつまいもはハズせない味覚のひとつですよね。そんなさつまいもを使って作るスイーツといえば、スイートポテト。実は材料2つでお手軽にできるんですって。早速、スイートポテト作りにチャレンジしてみましたよ。

■作り方をチェック!

用意するのはさつまいもとバニラアイスのみ。

皮をむいたさつまいも約400g(中サイズならだいたい2本分)を輪切りにし、耐熱容器に入れたら、ラップをかけ500Wの電子レンジで加熱します。目安は8分程度ですが、潰しやすい柔らかさになればOK! ラップを取る時、蒸気がとても熱くなっているので、火傷しないように注意してくださいね。

電子レンジから出したら、さつまいもを潰していきます。

潰し終わったら、裏ごしします。裏ごし器がない場合は、目の細かいザルでも代用可能。結構疲れる作業ですが、きちんと裏ごしすることで舌触りの良いスイートポテトになるのでこのひと手間を惜しまないで!

裏ごしが終わったら、バニラアイスを用意します。入れるアイスによって味に変化があるのか気になるので、今回は2種類のアイスを使ってみます! さつまいもは半量にし、まずはMOWのバニラ味約30g(ティースプーンなら山盛り2杯くらい)を用意しました。分類はアイスクリームです。

バニラアイスとさつまいもをしっかり混ぜていきます。

こんな風に生地がまとまるまで混ぜましょう。生地がまとまらずボロボロになってしまう場合は、もう少しバニラアイスを増やしてみて。

もう半量のさつまいもは、カロリーオフ重視でSUNAOのバニラ味を同じ分量混ぜてみました。アイスの分類はラクトアイスです。

成型したら、予熱しておいた200度のオーブンで20分焼きましょう! 材料は増えてしまいますが、焼く前に卵黄をハケで塗っておくと仕上がりが良くなりますよ。約400gのさつまいもを使うと、小さめで10個くらいのスイートポテトが作れます!

■早速、実食してみた!

なんとも簡単にスイートポテトができてしまいました! とっても良い匂い♪

ホクホクしていているだけでなく、MOWのアイスは風味豊かな味わいが特徴なので、スイートポテトも上品な味がしておいしいです。材料2つでもきちんとスイートポテトになっていました!

こちらはSUNAOを使ったスイートポテト。卵黄を塗ってから焼くと、こんなに見栄えが良い仕上がりになるんです。乳成分が少ないラクトアイスを使ったので後味はすっきり。しっかりとさつまいもの味を堪能することができました。

あまりのおいしさに後日、もう一回作ってしまった筆者。この時はアイスの分量を倍に増やしてみましたが、ほくほくというよりはしっとりなめらかな仕上がりになりました。お好みでアイスの量を調整してみても楽しめますよ!

思い立ったらすぐ作れちゃう秋のスイーツ。ぜひお試しあれ。

(まつだあや+ノオト)

written by

まつだあや
まつだあや
鳥取産、九州在住のフリーライター。 ファッション、コスメ、アプリ、簡単レシピなど女子の「欲しくなる!」「やってみたい!」気持ちを刺激する記事を主に随筆中。 写真を撮るのが好きで、フィルム一眼も所持している。ライフワークは音楽を聴くこと。 この道に導いてくれた師匠がおり、弟子として恥ずかしくないライターになるを目標に活動中。
この記事へのご意見はこちら