メディア個別 賢く使い分け! あなたは青ニベア派? 白ニベア派? | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
鏡の前で、ひとりパリコレ。
賢く使い分け! あなたは青ニベア派? 白ニベア派?

賢く使い分け! あなたは青ニベア派? 白ニベア派?

ロングセラーのスキンケアクリーム「ニベアクリーム」は乾燥する季節には大活躍! スタンダードな青いパッケージのニベアは「青缶」と呼ばれ、多くの人に親しまれていますよね。

正式名称は「ニベアクリーム」で、こちらの中缶と呼ばれるサイズの内容量は56g。ドラッグストアなどで、200円前後で販売されています。

実は青缶の他に「白ニベア」と呼ばれる商品があるのをご存知でしょうか。

こちらが白ニベア。正式名称は「ニベアソフト スキンケアクリーム」。ジャータイプと呼ばれるこちらの内容量は98g。500円前後で販売されています。

ではこの青缶と白ニベア、実際どのような使い心地なのでしょうか。比較してみました。

■青と白を比較してみた

まずは青缶。クリームは硬めでもったりとした質感です。

それにくらべてとろりとした滑らかなテクスチャーが特徴の白ニベア。乳液のような感覚で使うことができますよ。

左側が青缶、右側が白ニベア。肌に伸ばした時の差は一目瞭然でした。青缶はしっかりと引き伸ばしてやらないとクリームがほとんど伸びないのに対し、白ニベアはすぐに肌に浸透します。塗ったあとは、やはり少し青缶のほうがべたつく印象です。

青缶と白ニベアは、使用したい箇所や時期で上手に使い分けるのがポイント。

例えば冬場の最も乾燥する時期や、ささくれた手指をきちんと保湿パックしておきたい時などは、青缶でしっかり保湿すると◎。ベタつきが気になる時や、顔・髪などを含めた全身に気軽に使いたい時は白ニベアを試してみて。

髪や顔に気軽に使えるのも白ニベアのうれしいポイントですが、ただし匂いは青も白も「ニベア独特の香り」です。香りに慣れない……という人はケアする箇所には注意。

青白ともにチューブタイプも発売されているので、自分の好みや肌質に合わせたニベアを選んでみてくださいね。

(伊東ししゃも+ノオト)