名刺が香る「カードフレグランス」を活用して、相手に良い印象を残してみない?

名刺が香る「カードフレグランス」を活用して、相手に良い印象を残してみない?

香りを武器に☆
「形のない香りに造形を与える」という新ジャンルを確立した、南フランスのホームフレグランスブランド「エステバン」。ブランド30周年を記念して、今冬日本限定の新たなアイテムが登場しました!

その名も「カードフレグランス(名刺香)」。小さなカードタイプのフレグランスで、名刺入れや手紙などに忍ばせておけば、ほのかな香りを楽しむことができるんです。

女性向けの「オルキデ(ORCHIDEE)」は、オレンジ、ミュゲ、ネロリなどのフローラルグリーンが、美しく可憐な女性を象徴する。そして男女ともにおすすめの「サンタル(SANTAL)」は、セダー(杉)をアクセントに、貴重な香木、白檀のまろやかで深みのある香りが高貴な印象を与える。

 
 
価格は各1,080円。エステバン東京などの直営店や提携店舗で取り扱っているそうです。

名刺交換は、初対面はもちろん、その後も自分の「顔」として機能する重要なアイテム。そんな名刺からステキな香りが漂えば、イメージアップ間違いなしですね! 

とはいえ、せっかく名刺自体のイメージが良くても、受け渡しのマナーがしっかりしていなければ、マイナス印象で記憶されてしまうかも。仕事ができる20代社会人女子を目指して、改めて名刺の受け渡しのマナーをおさらいしておきましょう!

●保管場所

名刺は名刺入れに入れるのが基本。裸のまま持ち歩いたり取り出したりするのは、相手に悪い印象を与えてしまうかも。

●受け渡し方

渡す時も受け取る時も、名刺は両手で扱うことが基本のキ。同時に受け渡しとなったときは、右手で名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受け取ります。このとき、相手が差し出す高さよりも低い位置で差し出すなど、細かな気遣いが好印象への一歩!
「よろしくお願いします」の一言を添えると、相手に好印象を与えることができるでしょう。

●受け取った後

交換した名刺はすぐにしまわず、名刺入れの上に乗せて机の上に置きます。相手が複数人の場合は相手の席順に名刺を並べ、立場が高い人の名刺を名刺入れの上に乗せるようにしましょう。

意外と見逃しがちな名刺交換のビジネスマナー。フレグランス漂う素敵な名刺を使って、一歩進んだ大人の女子力を演出しちゃいましょう! 

(目良シンジ+ノオト)

関連記事