メディア個別 【ASIAN KUNG-FU GENERATION】伊地知潔のアジアンキッチンVol.5 ~秋の味覚でほっこり!「きのこ」たっぷりエスニック料理~ | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
いつもより、ちょっとだけ遠くへ。
【ASIAN KUNG-FU GENERATION】伊地知潔のアジアンキッチンVol.5 ~秋の味覚でほっこり!「きのこ」たっぷりエスニック料理~

【ASIAN KUNG-FU GENERATION】伊地知潔のアジアンキッチンVol.5 ~秋の味覚でほっこり!「きのこ」たっぷりエスニック料理~

9月に入り、過ごしやすい季節になりました。食欲の秋は美味しいものがたくさんありますね。今月は、秋の味覚の代表でもある「きのこ」を使ったアジアン料理を紹介していきます。

 

エスニックな甘い香り漂う♪鶏肉とたっぷりきのこのココナッツミルク煮

私がおすすめするレシピは、「鶏肉とたっぷりきのこのココナッツミルク煮」。これから冷え込む時期に向けて、ほっこり体が温まる料理にしました。ココナッツミルクのエスニックな甘い香りがふわっと香ります。

最近ではスーパーでも普通に買えるようになったココナッツミルク。健康に良いと言われているスーパーフードのひとつです。実はとても使いやすい食材で、うちでは必ず常備しています! 特に煮込み料理で牛乳などの代わりに使うと、簡単に異国感を出すことができるので初めてのエスニック料理には便利な食材です。

なるべくシンプルな味付けにして、きのこのうま味をしっかり感じられるように仕上げました。香ばしくジューシーな鶏肉ときのこをたくさん入れてボリューム満点です!

【材料(2~3人分)】
鶏もも肉 2枚
しめじ 1株
舞茸 1株
エリンギ 1本
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
オリーブオイル 大さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1
塩、胡椒  適量
A ココナッツミルク 1缶(400ml)
A 鶏がらスープの素 大さじ1
A 酒 大さじ2
A ナンプラー 大さじ2

【下準備】
・鶏もも肉を一口大に切ってポリ袋に入れ、すりおろしにんにくと塩、胡椒を加えて揉み込む。

・玉ねぎとパプリカは5mm幅に切る。

・きのこ類は石づきを取って適当な大きさに切る。

【作り方】

1. フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、鶏もも肉を皮面から焼く。焼き目がついたらいったん皿にあげておく。

●キヨシこだわりポイント
鶏肉は強火で皮面からパリッと焼くこと。最初は触らずに、皮から脂が出てきたら一度だけ裏返します。外はカリッと中はジューシーに仕上がります。

2. 1のフライパンで玉ねぎとパプリカを炒める。しんなりしたらきのこ類と1をフライパンに戻し、Aを加えて強めの中火で加熱。

3. あくを取り、一煮立ちさせたら蓋を閉めて弱火で10分程煮込む。

お好みでパクチーを添えて完成!

このレシピをお気に入り保存する
●『鶏肉とたっぷりきのこのココナッツミルク煮』

 

肌寒い夜にも!エスニックおかずで秋の味覚を楽しもう!

フライパンで煮込むことで、短時間で火が通るのであっという間に完成! 急な来客のおもてなしにも。辛いものが苦手な方にもおすすめです! ご飯を添えてカレーのようにいただくのもいいですね♪
肌寒くなってきた今の時期の夕飯の一品にいかがですか? エスニックおかずで秋を満喫しましょう!

これまでの連載はこちら!
伊地知潔のアジアンキッチンシリーズ

 

このコラムを書いたNadia Artist

ASIAN KUNG-FU GENERATION 伊地知 潔
https://oceans-nadia.com/user/130197
ASIAN KUNG-FU GENERATION、PHONO TONESのメンバー(Dr)。ミュージシャンきっての料理好きとしても知られている。
金澤ダイスケさんとの「SESSION IN THE KITCHEN」も好評連載中! 
得意なジャンルも定番料理からアレンジをきかせたオリジナル料理まで幅広く、オリジナルレシピ本も出版している。中でも一番の得意料理は「カレー」。