メディア個別 インスタ映え満点!お家ですぐにできる「サラダパフェ」がかわすぎる! | アリシー

アリシー

自分をスキになるって、意外とカンタン。
警告、恋愛マンガ中毒!
インスタ映え満点!お家ですぐにできる「サラダパフェ」がかわすぎる!

インスタ映え満点!お家ですぐにできる「サラダパフェ」がかわすぎる!

 

野菜がおしゃれに変身!人気の「サラダパフェ」を作ってみよう

サラダをグラスに盛り付けた「サラダパフェ」がSNSで注目を集めているのをご存知ですか?

いつもはサラダボウルやお皿に盛りつけているサラダの具材を、パフェのようにグラスに盛り付けるだけで、インスタ映え抜群のフォトジェニックなサラダに仕上がります。

きれいに盛り付けるのは難しそうに見えますが、ちょっとしたポイントをおさえれば簡単。まず、サラダパフェを作る時のポイントを3つご紹介しましょう。

 

ポイント1:使用するグラスはおうちにあるグラスでOK

パフェだからと言って、パフェグラスのようなものがなくてもおうちにあるグラスで十分おしゃれに仕上がります。

野菜のきれいな色が見えるように盛り付けたいので、透明なグラスがベストです。また、口が少し広めの方が食べやすいのでおすすめです。

 

ポイント2:使用する野菜はいつものサラダ具材でOK

わざわざ珍しい野菜や高価な野菜を準備する必要はありません。トマトやきゅうり、パプリカなど、ふだんからサラダによく使用する野菜で大丈夫。サラダパフェはいつもと盛り付けを変えるだけだと考えて、手軽に作ってみましょう。

よりフォトジェニックな仕上がりにするには彩りが大切なポイントになるので、カラフルな野菜をバランスよく使用するのがおすすめです。サラダパフェに使いやすい野菜を下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

【サラダパフェにおすすめの野菜】

●赤系の野菜…トマト、赤パプリカ、ラディッシュ、紫キャベツ、紫たまねぎなど

●緑系の野菜…オクラ、きゅうり、ズッキーニ、グリーンリーフ、キャベツ、枝豆など

●黄色系の野菜…黄パプリカ、黄トマト、かぼちゃ、とうもろこし、ヤングコーンなど

 

ポイント3:グラスに入れる野菜は小さめにカット

野菜は少し小さめに切った方が盛り付けもしやすいですし、食べやすくなります。また、口に入れた時に一度にいろいろな野菜の食感や味を楽しめるのでおすすめです。

逆に、トッピングに使用する野菜は野菜の形を活かして大きめに切ると、インパクトがあっておしゃれな仕上がりになりますよ。

 

定番から大人向けまで!フォトジェニックなサラダパフェ4選

 

アイスみたいなポテサラがキュート!カラフル野菜のポテサラパフェ

サラダの王道ポテトサラダと、色とりどりの野菜を使用したサラダパフェです。盛り付けのポイントは野菜の形状を活かして断面を見せた盛りつけにすること。オクラやヤングコーンは断面がかわいいので、グラスに断面を張り付けるように盛り付けるとおしゃれですよ。

また、きれいな層になるようにグラスの横から確認しながら盛りつけるのもポイントです。ポテトサラダはディッシャーやスプーンで丸く形を作り、アイスクリームに見立てました。トッピングに使用する野菜は長さを活かして少し大きめに切るとアクセントになります。

かわいく盛り付けられたサラダなら、お子様も喜んで食べてくれそうですよね。今回はよりカラフルに仕上がるようさまざまな野菜を使用しましたが、野菜は3~4種類でもOKです。冷蔵庫にある野菜でアレンジしてみてくださいね。ボリュームが欲しい時には、ツナやカニカマを加えるのもおすすめです。

【主な材料】
じゃがいも
オクラ
ヤングコーン
トマト
きゅうり
パプリカ
グリーンリーフ
マヨネーズ

●詳しいレシピはこちら
『カラフル野菜のポテサラパフェ』

 

大人のおもてなしに!秋野菜とみそ豆腐クリームの和風サラダパフェ

これからが旬の秋野菜と、みそ味の豆腐クリームでいただく和風サラダです。ホクホクのかぼちゃと濃厚な豆腐の相性が抜群ですよ。素揚げにしたれんこんを加えることで味にコクが出て、食感もいいアクセントになります。さつまいもや里芋など、秋が旬の根菜を加えても美味しいです。

盛り付けのポイントは、カラフルな野菜をランダムに入れて彩りよく仕上げることです。また、豆腐クリームは下の方と上に分けて入れることで、味のバランスがよくなります。輪切りにしたれんこんの素揚げは、そのままトッピングすると高さが出ておしゃれな仕上がりになりますよ。

【主な材料】
かぼちゃ
オクラ
赤パプリカ
グリーンリーフ
れんこん
絹ごし豆腐
みそ

●詳しいレシピはこちら
『かぼちゃと豆腐の和風サラダパフェ』

 

カラーをまとめておしゃれに♪赤い野菜のエスニックサラダパフェ

トマトをメインに、パプリカと紫キャベツを使用したヘルシーなサラダパフェです。食感のアクセントにスーパーフードのキヌアを加えました。ドレッシングにはナンプラーを加えエスニック風味に。

トマトやパプリカの赤系の野菜には抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病予防の効果が期待できますよ。また、キヌアには豊富なたんぱく質や食物繊維、必須アミノ酸なども含まれており栄養満点! 女性にうれしいヘルシーサラダです。

盛り付けのポイントは同系色でまとめることです。今回は紫キャベツを彩りのアクセントに加えましたが、同系色の野菜だけで作るサラダはスタイリッシュな印象に仕上がりますよ。赤系以外にも、グリーンリーフ・オクラ・グリーンピースなどの緑系、トウモロコシ・黄パプリカ・かぼちゃなどの黄色系でまとめるのもおすすめです。

【主な材料】
トマト
赤パプリカ
紫キャベツ
キヌア
レモン汁
ナンプラー

●詳しいレシピはこちら
『赤い野菜のヘルシーサラダパフェ』

 

前菜にも、おつまみにも!サーモンとモッツァレラチーズのサラダパフェ

サーモンとモッツァレラチーズをメインに、ゴールドキウイ、きゅうり、ミニトマト、ピュアヴェールで作るサラダパフェです。サーモンとモッツァレラチーズは間違いなしの王道の組み合わせ。そこにキウイを加えることで甘酸っぱさが加わり、味のアクセントになりますよ。レモンドレッシングをかけてさっぱりと仕上げれば、ワインにもピッタリの大人向けのサラダパフェになります。

盛り付けのポイントはお花に見立てたサーモンです。サーモンは、お花型にする薄切りと、器の中に入れる角切りの2種類にカットしてください。薄切りのサーモンはクルクルと巻くだけで華やかになり、おもてなしにもピッタリです。そして、角切りにすると食べやすいだけでなく、器の中に入れた時に層がきれいに見えます。

今回は、きゅうりもピーラーでリボン状にむいてクルクルと巻きアクセントにしました。ピュアヴェールは黄緑色が鮮やかでフリルもきれいなので使いましたが、レタスでも代用可能です。

【主な材料】
サーモン
モッツァレラチーズ
ゴールドキウイ
きゅうり
ミニトマト
ピュアヴェール(又はレタス)
オリーブ油
レモン汁

●詳しいレシピはこちら
『サーモンとモッツァレラチーズのサラダパフェ』



いつもと同じ野菜でも、盛り付け方を少し変えるだけでとってもかわいくおしゃれに仕上がりますよね。冷蔵庫のお掃除を兼ねて具沢山のカラフルサラダを作るのも楽しいですし、3~4種類の野菜でシンプルに仕上げるのもおしゃれです。

野菜以外にもツナやサラダチキンなどを加えるとボリュームが出るのでおすすめですよ。ご紹介したレシピを参考に、冷蔵庫にある野菜や旬の秋野菜を使ってさまざまなアレンジを楽しんでみてくださいね。



●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
【SNSで話題!】華やかブーケサラダはコップがあれば作れる!
旬のフルーツが主役!秋のフルーツサラダを作ろう


 

このコラムを書いたNadia Artist

フードコーディネーター 松井さゆり
https://oceans-nadia.com/user/40170